インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

内申の上げ方勉強方法に関して

内申点の上げ方、勉強方法を知りたい人も多いでしょう。内申点の上げ方として、しっかりと授業に出席し、出席日数を増やし、テスト前はテスト範囲をすべて勉強することです。内申点はテストの点数はもちろんですが、授業態度なども影響するため、マジメに授業に参加することが一番です。そうすれば、内申点が上がります。また、勉強方法として、一気にするのは大変なために、1日1時間ここからここまで勉強するなど、範囲を決めてやることが効率的です。集中力が切れないように勉強することで、頭の中に勉強したことが残りやすいでしょう。そうすることで、テストの点数が良くなり内申点を上げることができます。そして、授業に出てしっかりと日頃から授業を受けることで、内申点が上がるのです。


余裕を持つ

内申点を上げる方法ですが、チャイムなったら着席してる、机の上に授業の準備をする、おしゃべりしない、しっかりノートをとるなどが大事です。勉強内容で質問したり、授業終わりに職員室かえる先生追いかけ質問してみてください。職員室で質問すると他の先生にもやる気アピールでき効果が大きいです。いい子をしっかり演じろというわけではなくて、個性も大事です。ですが、こうしたことは当たり前です。要注意なのは注意した時、~君もしてたなど言うお子さんで、誰かのせいにしても内申点影響出ること変わらないです。日頃から学習態度注意して内申点上げ余裕をもって受験挑みたいものです。また定期テストは大事で、観点別評価の中で知能や、技能などに直結します。


態度を直しておく

授業態度は授業中の姿勢などのことで、観点別評価の中で態度などの評価に大きくかかわり、たち歩き居眠りなど大きなマイナス点です。提出物などと違って、自己評価全くあてにならず、しっかりできてると自分でおもってても、評価下がることとてもよくあります。ですから、自分の行動客観視して見つけなおす必要が出てきます。自分の席が教室の後ろのほう位置してるからと油断してはなりません。教室前で教壇の上立つ先生から一番後ろ先まで生徒一人づつの様子よく見えています。また提出物は定期テスト前の問題集、ノートなど以外に普段の授業内でも頻繁にかされます。授業態度と合わせ関心、態度など評価に大きくかかわり、定期テストで100点満点とって、授業態度に何も問題ないのにプリント1枚提出し忘れていただけで内申点4つけられた落ちった事例ある具ありです。


試験に出る問題を効率よく勉強する方法

ずばり、先輩からテストをもらうことです。とくに、同じ先生の同じ教科のテストは、同じ問題が出やすいです。数学など数値が変えただけなどもあります。英語の先生で、問題は違うけど、答えの選択肢を並べると記号が同じという先生もいました。カクケイコと人名前にし、採点しやすいようにしていた先生もいました。先生ごとに違うので一概には言えません。しかし、過去問を解くことで先生の性質が見えてくるのです。同じ教科ならば、同じ問題を出害する先生もいるので、先輩からテストをもらい点数を伸ばしてみましょう。また、先生の性質が見つからなくても、テストにでる重要なことは同じなのです。重要事項の学習を効率よくするためにも、先輩からテストをもらって勉強し、効率よく点数を取りましょう。そして、内申点もアップします。


内申点を上げる勉強法は?学校生活で大切な心構え

どのような勉強法が内申点アップに繋がるのかについては、基本として定期テストの点数を高く保つ実力を身につけることが大事です。知識や技能、理解力といった評価基準を直接的に満たせるメリットがあります。定期テストの評価を重視されやすいのが、国語・数学・理科・社会・英語の5科目です。この5科目の予習・復習を日課のようにこなし、定期テストの数週間前から早めに対策の勉強をしましょう。自力だと難しく感じるなら塾や家庭教師に頼る勉強法が効率的でおすすめです。宿題の提出、授業中の態度も内申点に大きく影響します。これらは勉強法というより、態度を改める心構えが重要です。居眠りしない、他のことをやりながら授業を受けない、宿題は必ず期日を守り提出するなど、真面目な態度を教師に見せましょう。


適切な目標設定とそれに基づいた指導

“家庭教師が最も生徒に対してその力を発揮することができるのはモチベーションを上げることだと思います。
もちろん、勉強の取り組む姿勢や勉強をする際のコツ、学習内容については教えることができても、それ以上に本人がやる気にならなければどうしようもありません。
そして、モチベーションを上げるために重要なのは短期的な目標、長期的な目標を設定することです。それは点数であったり順位であったり。
家庭教師と生徒で話し合いながら、どのような目標設定を行うか。これこそが、生徒のやる気をさらに引き出し成績を伸ばすための1番の材料となってくるはずです。 
少し背伸びした目標を設けることが本人にとっても非常に重要になります。そしてその目標の応じた指導を行うことが非常に重要になってきます。 ”


内申点を上げる方法

“試験前にどの先生も試験に出るところは言いいます。その部分だけは必ずできるようにすることです。その部分の得点を取れるようにするために、勉強します。その勉強を先生に頼りましょう。自分で少し勉強した上で、わざと質問をするのです。ほとんどの先生は、生徒に慕われていい気分になります。
質問しに行き。先生よりな態度で接すれば、気に入られることは間違いありません。先生によっては、試験に出るところを教えてくれたり、質問した問題をそのまま出してくれることもあります。また、気に入られるので、最終的に5段階評価をつけるときに、評価を少し上げてくれる場合もあります。同じ点数でも先生に気に入られたら、その分だけ点数が良くなるのです。そして、進路に向けてアピールしておくと、何かと考えた点数をつけてくれるのです。先生に気に入られるように、質問をして内申点を上げましょう。”


見たことはないけど大切な物、内申点って何?

“受験を意識するころになると、誰もが耳にする「内申点」という言葉があります。
でも実際にはその点数を見たことがある生徒さんはいませんよね?
内申点とは一体なにものなんでしょうか。

内申点とは、中学もしくは高校3年間全科目の成績を表す数値のことです。
受験の点数に加え、上記数値が合格の成否に影響します。
つまり「受験の結果だけ良くても、常日頃の努力を怠っていると落ちる可能性がある」ということです。
また都道府県によっても「どの学年時の点数」を参考にするか異なるとのことです。

さらに「全科目の成績」と明記したことも忘れないでください。
体育や音楽、美術など受験には直接影響しないと考えられていそうな科目の成績まで、内申点には影響します。
3年生になってから勉強を頑張るのではなく、入学時から全ての科目をまんべんなく勉強した方が良いということですね。”


考え方を変えてみましょう。

ちょっと考え方を変えてみましょう。法とモラルを守りさえすれば、今はなんでもアリの時代なんです。足枷なんて本当はないんです。君が成功できるツールはどこにでも転がっています。君が気付くかどうかなんです。どうすれば目の前のお宝ツールに気付くセンス、知識、知恵を養うことができるでしょう。持って生まれた才能ですか? 環境ですか? でも君の周りにもいるはずです。逆境を跳ね除けてゆく強い人間が。そんな人と君との違いはなんでしょう? 挑戦もせずに、努力もせずに、ただ降ってくる幸運を待っているだけの受け身な君で本当に満足してますか? 挑戦してみませんか? 努力してみませんか? 頑張るのは君だけど、私は全力で応援します。


内申点を上げるためにすることは?

高校入学の際に有利となる内申点ですが、内申点を上げるためには、苦手強化を克服することが大切です。いくら得意強化があっても、苦手強化があると内申点が下がり、平均点が下がります。そこで、内申点を上げられるように、苦手強化を徹底的に克服することが一番です。英語学習が苦手なら、英語を集中的にします。リスニングが聞き取れない場合、何度も何度もリスニング対策をし、英語脳になれるようにすることが必要です。そうすれば、苦手のリスニングを克服できます。もしどうしてもリスニングが聞き取れない場合であれば、リーディングに力をいれ、英語で平均点を取れるようにするのが良いでしょう。平均点を取ることができれば、内申点で不利にならないのです。


1 2 3 4 5 6 64

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map