インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

2学期に向けて集中的に勉強することと主要5教科以外で点数をあげること

内申の評価は2学期が中心のでこの時期に集中して勉強することが大切なので
1学期に成績が悪くてもあまり気にしないで気持ちを早く切り替えておくことが大切です。
英数国社理の主要5教科に対して採点がたくなるのは仕方ありませんが、
全体の平均点をあげるには美術、技術、家庭科、体育も気を抜かないほうがよいです。
勉強の苦手な人はこの分野で頑張ればよいと思います。
クラブ活動や生徒会の役員にもできれば参加していた方が評価が上がります。
勉強が苦手で成績が伸び悩んでいる人は個人授業で教えてくれる塾に行く方が効果があがると思います。
授業スタイルの塾では学力のよい子に合わせた方針なので
成績の下位の人はついていきません。
内申書につながる内容はあくまでも教科書が基準なので
個人ごとに苦手な分野に対して指導してくれる塾の活用が良いと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

長期休暇に苦手をつぶすのは鉄則!

中学校までは、私立でない限りどの学校のほとんど同じ内容を勉強します。ですが、中には学校の勉強についていけず、一度落ちたらそのまま点数が取れなくなる子もいます。
成績が下がらないような勉強方法ですが、これは躓いたところまで戻る必要が必ずあります。例えば英語なら、一般動詞の疑問文の作り方で躓いたのなら、その後、3人称単数や過去形についていけません。
学校は有無を言わさず授業が進むので、苦手は長期休暇につぶしておくのが鉄則です。戻って勉強できる時間なんて、部活や予習、習い事があればなかなかできないからです。
戻らずやっても付け焼刃に変わりはなく、真に理解するのは難しいのでできるだけ早くの対応が必要となります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申を上げるには日頃の積み重ねが大切

内申点といえば受験においてとても大切なものですよね。最近では学力検査に重きをおいている学校も多いという話もありますが、それでも完全に度外視されているわけではない以上気をつけておきたいものでしょう。
内申点を上げるには日々の積み重ねが大切なのではないかと思います。日頃から授業をしっかり聞いている姿を先生に見せることは大切ですし、小テストなどでも気を抜かずに取り組み、提出物も忘れないといったある種当然のことを積み重ねているとそれなりに評価してもらえるものです。テストで良い点を取れと言われると難しいものですが、授業を真面目に聞く程度ならば誰にでもできることでしょう。授業中にノートをまとめることができれば時間の節約にもなりますし、理解しているということにも繋がります。
内申はすぐに上げられるのものではないため、早い段階から取り組んでおくことが大切だと言えるのでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

テストの成績と先生からの評価

まず内申を上げる為に、まずはテストの成績を上げます。テストで高得点を取る為に、授業中にノートをとる際はただ黒板の文字を写すだけではなく、出来るだけ図も記し、その時に自分で思ったことを余白などに書いておきます。
こうすることで、家でノートを見返した時に、授業中の風景が自然と頭の中で蘇り、復習がし易くなります。
それから、授業中などで分からない箇所や、もう一度教えて欲しい箇所が出てきたら、そのままにせず先生にその日の内に聞いて解消します。
テストの成績の次は、先生からの評価です。ノートの点数や、決められた提出物をきちんと出しているか、授業中にどれだけ発表をしたかなどで、評価が変わってきます。
なので、ノートや課題は丁寧に仕上げ、提出物を全て出す、恥ずかしがらず積極的に発表をするということを心がげておくと良いと思います。
テストの成績と先生からの評価を上げていけば、自ずと内申も上がります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申を決定的に上げる方法とは

内申点。中学高校で特に重要になってくる点数のことです。この記事ではその上げ方について説明していきます。まず、1つ目のポイントは全ての教科をあげようとしないことです。例えば4から5に上げるのと3から4に上げるのでは格段に難しさが違います。もちろん3から4の方が簡単です。つまり、得意な教科はそのままキープもしくは向上させ、苦手な教科の内申を上げようとする方が効率が良く、総合の内申も上がります。2つ目は副教科を大切にするということです。都道府県によっては副教科の内申点の比率が高くなっている所もあるので、副教科も大切にしなければなりません。体育や音楽などはどうしても個人差が出ますが、先生達は生徒の頑張りをしっかりと見ています。なので苦手意識を持っている人も、しっかりと取り組む姿勢を先生に(アピールというのは語弊な気もしますが)見せてください。それによって、必ず結果は報われます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

復習が内申点を上げる近道

内申は学期の終了ごとに通知表が手渡され、この成績を元に、入試の際に学校に手渡されるのが内申です。内申は学校の成績の主要5教科で決まります。学校によって10段階、5段階で評価されます。評価基準は学校によっても異なりますが、主に中間テストと期末テストの点数の割合が大きいです。内申点を獲得するためには成績を上げる事が大事ですが、そのためには定期的に行われる中間テスト、期末テストを制する事が大事です。テストで点数を獲得する方法としては、授業で行った内容の復習がとても大事です。人間は一度勉強したところも復習をしないと忘れてしまいます。何回かに分けて復習をする事で自分のモノとして頭に蓄積できて、入試などでも勉強効率が良くなり、全てにおいて復習は大事です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

テストの点数以外で内申を上げる方法

学校で、成績を少しでも良くしたいのなら、テストの点数はもちろんですが、内申を上げるコツを知っておくべきです。生徒はテストが全てだと思いがちですが、先生も人間です。数字ばかりに目を取られていると、そこに授業へ対しての興味・関心という項目があります。テストで点が取れないのであれば、ここをアピールするのです。
実際、音楽でどうしても音程が取れない生徒も、「どんなクラシック音楽がオススメですか?」「先生はどんな音楽が好きですか?」とたくさん先生に質問すると、その意欲から内申が上がったという例もあります。
先生に気に入られようとまでしなくても良いですが、苦手でもやる気はあるというところを見せるのが上手い子は、内心は1つ上がることがあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申がなかなか上がらない生徒へ!

私は現在大学の家庭教師です。そこまで、頭もよくありませんでしたが、大学進学することができました。私が勉強を頑張ったのは、中学生の頃です。中学生の頃頑張ったので、高校は進学校に進めて、大学に推薦入学することができました。その頑張った方法を今日教えようと思います。わたしはとくに家に帰って、復習することや予習することは、全くしていませんでした。でもそれでも私はほぼオール5に近い成績を出していました。(MAX5)その方法は、授業中にとにかくノートに書き込むことです。人間は書かないとなかなか覚えられないのです。ほとんどの人が板書のことしかノートに書いてないのでしょう。それだけでなく、話している内容もノートに書くのです。そうすると、ノート点も上がりますし、先生の事を聞き逃さないので、テストの点数も上がるのです。試してみてください!



このエントリーをはてなブックマークに追加

副教科は意外と簡単に内申が上がる

中学生だと、どうしても内申は主要5科目を中心に考えると思います。確かに受験に必要なのは副教科ではありませんからね。しかし、内申点は高校にすべて送られます。5教科のテストにプラスして、9教科の内申の合計が考慮され、それによって落とされることも珍しくありません。
教科すべきは副教科の内申です。これは抜け落ちている人も多く、蔑ろにして受験生になってから後悔するパターンが増えています。少し頑張れば簡単にあげられるはずなのに、重要度が低いと考える人はもったいないことをしています。
期末試験になったら、とにかくテストの点数を上げましょう。暗記がものをいう科目が多いので、出題される範囲を確実に仕上げれば、内申に強い生徒になれます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申を上げるためのノート作り

内申の上げ方はノートを取る時の工夫が必要です。写真を貼り図を描くことでノートの点が上がり内申の向上に繋がります。ノートを工夫する事は時間の無駄になってしまいますが、もうワンランクの向上を目指すためには写真を貼ったり図を書いたりする事で見やすくなり点数アップに繋がります。人が物事を暗記する時に文章で暗記することに加えて写真や図などのイメージで暗記するとより正確に早く暗記する事ができます。手間がかかるノート作りですが、工夫によってより頭に入りやすく勉強にとってもメリットが多くあります。内申点を上げるにはノートを綺麗に書いて、色をつける事でさらに相手に見やすいように工夫に繋がり内申点の向上に繋がります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

1 2 3 4 5 6 56

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map