インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

内申点を上げるためのポイント

中学3年生になると高校受験が控えているので内申点を少しでも上げて高校受験をする時も有利な状況に持っていきたいと考えます。内申点は中間テストや期末テストの成績が良ければ上がりますが、それ以外も対象になるポイントがあるので内申点を上げるためにしっかり把握しておきましょう。

・授業態度

授業を受けている時の態度は先生がしっかり見ていて内申点にも大きく影響してきてしまいます。授業態度が悪いと先生も不快に思ってしまうので内申点が低くなってしまう事もあります。内申点を上げていくためには授業態度を良くするようにしましょう。

・小テスト

テストは中間テストや期末テストだけではなく授業中に小さなテストも定期的に実施しますが、内申点に影響してくる事が多いので甘く見てはいけません。小テストでも好成績を取っていると内申点も上がるので意識してみましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申点をあげるポイントは3つ

20数年間家庭教師をやっています。私が学期ごとの成績を出す時には、次の3つの点を踏まえて総合的に判断しています。

①定期テストの点数
当たり前の事ですが、テストの点数が一番重要です。定期テストでは教科書の内容以外にも授業中に話した事を踏まえて出題されますので、とにかく授業中の教師の一言一言は絶対に聞き逃さないという事が大事です。

②授業中の態度
たとえテストの点数が良くても、授業中の態度が悪ければ(私語や居眠り)容赦なく評価を下げました。上の①にも関連しますが、授業に真剣に取り組んでいる姿勢を見せることです。

③提出物
決められた提出物を期限を守って出す事、これも大事です。テストの点数とともにこれは客観的に点数化できるものですから、提出物を軽く見ていると致命的です。

内申をあげるポイントは以上の3点です。それ以外にあげるとすれば、必要以上に学校を欠席しない事です。やむを得ない場合を除いて授業は休まないようにしましょう。学校を休んで家でテスト勉強をするというのはかえってマイナスです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申点を取りたいなら自己流を捨てろ!

内申点というものはその担当の教科の先生が、その生徒のテストの結果の点数や授業態度で見ているはずなのです。そのテストを作っているのはその教科担当の教師です。ようするに、学校のテストで点数を上げて内申点を得るというのは、いわば学校の先生の意図を読み取るという心理戦なのです。一番大切なのは授業中に先生が言っていることすべてです。先生がみんなに教えていることは将来に役に立つ解法ではなく、テストでいい点を取るための解法なのです。だから、自分で新しい問題集を買ったりする必要は全くありません。学校で説いた内容さえ解ければ良いのです。だから、授業中は先生が考えていることを想像して先生になりきった気分になって集中して授業を受けてください。たったそれだけで良いのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申の上げ方は普段の授業態度

内申の上げ方は普段の授業態度でしょう。
授業も聞かずにおしゃべりしているような生徒にいい気はしません、やはり静かにノートを取り授業を聞くことは大切だといえます。
居眠りなどしているのもよくありませんし聞く態度も大切です、肘や脚を組んで授業を聞くようならば真面目に聞いているのか疑問です。
このように普段の生活態度はやはり内申には響くものですしきちんとした態度は見られています、また宿題や提出物などは提出することは大切です。
宿題もしないし提出物も出さないようならばいい気はしませんし何のために学校へ来ているのか疑問に思われても仕方ありません。
そして最後はやはりテストの点数ですね、100点とは言いませんが良い点数を取ることこそ大事です、授業を聞いていればある程度は理解でいるレベルですのできちんと授業を受けていればいいと思われます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

苦手なのを克服すると良い?

内申点は教師の受ける印象によって左右されるところです。
もちろん一番いいのは安定してずっと好成績を修め続けることですが
もう一つ評価が高くなりやすい方法として悪かったのをよくする努力を見せることも大事です。

これまで苦手科目だったり、不得意分野だった単元の成績に大きな改善が
見られるとそこはあなたの努力が評価されて必ず内申点が上がることにも繋がります。

人によっては最初から良い成績を修めていた人よりも高く評価されることだってあるはずです。
自分の不得意とするところをよく見極めて、ここならば一気に改善できそうと分かれば
集中的にその苦手分野の克服に取り組むと短時間で成績も評価も上がってくると思いますので頑張りましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申の上げるには定期テストと提出物に重点を置く

内申の上げ方勉強方法として定期テストと提出物に重点を置くことが重要だと言えます。
特に5教科は定期テストのポイントが高いので、授業で習ったことをしっかり理解すること
あと授業中に使用したプリントなどもきちんとチェックしておく必要があります。

定期テストは基本的に授業の内容が中心となるので
しっかり復習しておけば点数は比較的とりやすいと言えます。

さらに内申には授業態度や提出物も考慮されるので
授業のノートは出来るだけしっかり書くようにする、丁寧に書く
あと授業中に先生が言っていたことを自分なりに付け加えておくと
授業をしっかり聞いていたというアピールになります。

なので内申を上げる為には授業のノートを中心に勉強をするようにしてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申を確実に高める方法について

推薦入試の時、就職の時期、何かと内申点を気にすることは多いと思います。
しかし、どうすれば内申点は稼げるのでしょうか?
それには内申点のつけ方をしておく必要があるでしょう。

まず内申には減点部分と加点部分があることを覚えておく必要があります。

減点部分は例えば、宿題の出し忘れなど日常生活にかかわる分野です。
宿題やその他提出物の提出を忘れるだけで、テストの成績が良くても評価が5から4に落とされることがあります。

次に加点分野ですが、正直な話、日本の教育分野は「減点」に重点を置いているので、加点される要素は少ないです。
授業における積極的な発言やテストの成績、授業での態度が評価対象ですが、正直な所良い成績をとる以外は3の内申を5に上げることはできないと思われます。

この二つの採点要素を分析すると、提出物をきちんと出し、テストでは良い成績をなるべく取り、授業はまじめに受けることが重要という至極当たり前な結論が導き出せます。

個人的には、英語で100点を取れる子に授業での態度が悪いからという理由で4をつけるのは反対です。
なぜなら100点を取れる子にとってものすごい退屈な授業であるかもしれないからです。

しかし、日本の教育現場は現状「減点」に重点を置いているようなので、皆さんもとりあえず減点されないことを意識して生活していれば内申が極端に低くなることはないと思われます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申点の上げ方について

内申点は普段の生活態度も加味して付けられていくものなので
テストの点数だけ良くても意外と伸び悩むんですよね。

特に遅刻や授業中の態度はダイレクトに影響してくるので
テストの点数はもちろんですがこの点にも気を付けるべきです。

勉強方法に関しては、あくまでも義務教育内であるので教科書をシッカリと
理解できるレベルであれば問題は無いです。

難関校狙いであれば学習塾へ通い詰めて勉強をする必要もありますが
内申点を上げるだけでしたら教科書の内容を中心に予習復習をこなしていれば問題は無いでしょう。

それと部活も加点される傾向にあるようですが
部活にのめりこみすぎて授業中に居眠りをしてしまっては本末転倒です。

あくまでもベースは日々の生活をきちんとし、勉強内容に関しては
教科書の予習復習をしっかりとこなして授業に望んでください。
もちろんテストの点数は言わずもがな、ですが。



このエントリーをはてなブックマークに追加

効果的に内申を上げる勉強法とは

内申はテストの点数を満遍なく取れるなら問題ありませんが
不得意科目などがあると勉強の仕方も分からないものです。

そこで、とにかく効率良く点数を稼ぐ方法を考える必要があります。苦手な科目があれば、
の中で勉強しやすいものを選ぶことから始めます。

暗記が得意なのか計算が得意なのか、最も苦手とするものは敬遠することも必要です。
そして同じ問題集を最低4回は繰り返すことが大切です。

2度3度と繰り返すうちに頭に入るようになります。
また、全ての範囲を勉強しようとはせずに、最も多く出題されるような範囲に関しては
確実に点数を稼げるようにしておくことが大切です。

暗記ものは教科書を丸ごと暗記するだけでもかなり点数を稼ぐことができます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申書をアップさせる勉強法はずばり教科書を徹底すること

内申書の点をアップさせるには中学校の授業やテストを頑張るしかありません。

ですから、できる限り教科書中心の学習を徹底することを心がけるべきです。
教科書中心の学習をすれば難関校だって合格できます。
ただ、学校の授業はスピードが速すぎてついて行くのが精一杯の人もいるのではないでしょうか。

 

ここで注意点があります。教科書を中心に極めて基本的な事だけを

教えてくれる先生なのか気を付けた方がいいです。

 

ですから、教科書や学校の授業の補習を請け負ってくれる先生を探しましょう。
まとめますと、とにかく教科書中心に学校のテストの成績をアップさせることを目標にしましょうということです。

つまり基本に忠実な勉強を徹底しましょうということです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

1 2 3 4 5 6 54

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map