インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

中学受験に必要な計算力の定着【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

中学受験に限ったことではありませんが

計算力というのは算数を解くための言葉のようなものなので

計算力がついているに越したことはありません。

中学受験に関して言えば、計算力は必要不可欠でありかつ、速さも求められます。

一定以上の速さで計算が出来ることが、複雑な問題に対応したときに答えを導くためのスキルとなるからです。

 

また中学受験の問題は、基礎的な計算問題から複雑な計算問題まで

学校によっては複数題の出題があるので、落としたくない部分です。

 

では計算力をつけるためにはどうすればよいのでしょうか。

四則演算の練習?ドリルをこなす?それは勿論必要なのですが、学年に応じた学習が必要です。

 

低学年のうちは、数感覚を身につけるために計算問題のほか

おはじきなどを使った数の集まりの実数の感覚を、繰り上がり繰り下がりが出てきたら、そこはきっちりと練習をして押さえましょう。

 

九九に関しては、忘れないように期間を置いてまた繰り返すようにします。

それも9の段から始める、6の段から始めるなど、パターンを替えます。

 

慣れてきたら、9×9から逆唱するのもテクニックです。

また分数、小数、倍数などの数の世界が広がってくる中学年から高学年については

演習とともに、割り算と掛け算の相関関係についても気づくようにしていくことが、分数計算の理解と定着への近道です。
また円周率については、九九のように暗記してしまうことをお勧めします。

これらの基礎的な計算力をしっかりと身につけて、使えるようにすることが、中学受験を制する第一歩となるのです。


中学受験の基礎の基礎

中学受験とは、小学生がする受験です。

受験というからには、やはりハイレベルな知識や技術

それに加えて圧倒的な練習量が必要要件であるということは

誰しもわかっているところだと思います。

しかし、その為に何が必要なのかということは抜け落ちてしまいがちです。

小学生が自力だけで戦えるはずはないのです。

 

良い塾に入れて、あとは放っておけば良いという考えでは

その子が本来持つ力の20%も引き出すことが出来ないでしょう。

 

大切なのは目指す学校レベルと子ども自身と家族の協力です。

子どもが塾に行く間に、子どもがすべき勉強内容をとその日のノルマを計算し

子どもが終わるまで一緒に横についていることです。

 

これが何よりも大切なことになります。

嘘だと思うかもしれませんが、親が横に付いているだけで子どもは大変に能力を発揮できるのです。

 

だからこそ、大手塾がこぞって親御さんの協力が必要だと言うのです。

協力というのは、何も金銭面や日常生活のフォローだけではないのです。

 

同じ空間にいて、同じ気持ち、緊張感を共有することが何よりも大切であるということを

我が子を受験させようという親御さんにお伝えしたいと思います。


読解問題対策に音読を【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

国語については、なかなか点数が思うようにあがらないと

悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしまだ4年生や5年生であれば、新聞のコラムや

ちょっと難しい小説などを毎日少し音読してみるというのはいかがでしょうか。

 

音読には実は二つの効果があります。

一つは、文字を追って読むことで、しっかり文章を理解することができるというもので

こちらを伸ばしたければ、何度も同じ文章を音読することが効果的です。

 

またもう一つは、文章の文体を音読して身体に入れていくことで

自分で作文するときにスムーズに文章を作成することが出来るようになる効果があるということです。

 

中学受験の読解問題は、書かせる問題が必ずといってよいほど含まれています。

短い時間で自分の言葉で文章を生み出すためには

普段から文章を書いていればよいのですが、なかなか難しいのが現実です。

 

そこで文章のリズムや文体を身体にしみこませておくことで

作文しやすい体質にしていくために音読を重ねていくというものです。

 

毎日長文読解問題を解くというのは、非現実的でもあります。

そこで音読することで、少しでも文章を読み文体を作り出すことになれていきたいものです。


中学受験の勉強法について【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

勉強には法則性があります。

といっても、その法則の流れを理解するのにはコツがあります。

 

 

重要なのは暗記する時の暗記法と応用力です。

教科書などを全て覚えることができれば、テストでは有利でしょう。

 

けれど実際それは不可能に近く、効率のいい方法とは言えません。

そもそも教科書というものは万能ではありませんしね。

 

必要なのは教科書の中身というより、教科書から必要な部分をピックアップする能力です。

そしてそれらを繋げる応用力です。それが法則です。

 

繋げるというのは簡単に言うと関連性を持たせるということです。

算数であればその問題は過去の勉強やこれから覚える勉強に利用できます。

 

国語なども同様ですね。登場人物の心情を答えよ

という問題が出た場合、過去に似たような問題をやっているはずです。

その時の解き方を利用すれば良いのです。


図形問題に強くなる第一歩!?【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

受験をする上で、どの学校にもある試験科目

数学を得意にしておくというのは欠かすことの出来ない勉強法です。

 

 

そして中でも図形問題に関しては、得意不得意の分かれる分野なので

ここはきっちり押さえたいところです。

 

よく図形問題はセンスが問われるといわれますが

残念ながらセンスが必要なのは事実ですが公式のように覚えてしまう必要性もあります。

 

面積体積の公式はもちろんです。

そしプラスアルファとして、立方体の展開図のパターンを覚えてしまうというのも一つの方法です。

 

立方体の展開図は、11パターンのみなので、その形をまず覚えてしまいましょう。

それからどこの面とどこの面が重なるかを、きっちりイメージできるようにします。

 

実際にお菓子の箱などを切って、展開図を日ごろから作っておくと、イメージしやすくなります。


東京大学勉強方 いしちゃん先生の受験合格体験記

私は現在、東京大学4年生です。私立高等学校受験し合格という切符を手に入れました。合格までに至る経緯を説明したいと思います。中学1年の時から常に県内でもトップの高校に入学したいと思い、席次も上位にキープしていました。塾には入っておらず、進研ゼミと学校の課題を中心に勉強を行っていました。中学二年で成績が下がり、親に心配をかけました。しかし、塾には入らず、進研ゼミと学校の課題で勉強していました。夏休みに二週間ほど、夏期講習に参加しました。中学三年に地元の塾に入りました。その頃、高校受験を目指し塾では県立の高校入試の勉強、家でほぼ独学で勉強してました。わからない問題は学校の先生に聞いたりしていました。過去問を9月頃に手を付けコツコツと取り組みました。そして、無事に入学することができました。


  
			

1ヶ月1周するインターネット家庭教師の勉強法 【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

1ヶ月1周するインターネット家庭教師の勉強法について

聞いたことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私たちが、実際に教えていてとても効果があった勉強法について

今日は書きたいと思います。

それは、「1ヶ月1周するインターネット家庭教師の勉強法」です!!

お子さまのレベルにあった問題集を選びまず1ヶ月で1週するといった勉強方です。

 

もちろん「1ヶ月問題集を1週なんて無理だよ」といった声を

聞くこともあります。

 

「1ヶ月1周するインターネット家庭教師の勉強法」は1週目で全部理解しようとするのではなく

最低問題集を6周しましょうといったことを前提にした勉強方です。

 

ですから1週目で問題集全部を理解する必要はありません。

そもそも1週目で問題集すべてを理解したり覚えたりすることはできません。

 

問題集は3週目くらいから急に理解できるようになってきます。

ただ3週目でも7割くらいの理解度といったことが多いようです。

 

しっかりと理解するには最低6周必要です。

6周の目処は3ヶ月で6周が良いでしょう。

3周目以降はどんどんスピードを上げていきましょう!

 

1年かけて6周しても前回やったことを忘れてしまいます。

問題集をやるときは集中して繰り返しやることが大事になります。

 

是非試してみてください。


勉強計画の立て方について【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

勉強計画の立て方について意外と計画を立てずに勉強している

お子さまが多いことに気づきました。

 

受験勉強では、現時点から、入試本番までの計画を立てます。
最初、長期・中期・短期の計画に分けて作成すると良いでしょう。

 

受験計画を立てる際に、第一志望の学校を決めて、
そこに合格するためにやるべきことを、決めていくと良いと思います。

 

何回も受験を経験している人ならいざ知らず、
初めて受験に臨む、現役生にとって計画無しで勉強するのは難しいと思います。

 

そういった場合、一年間の計画をいくつかのセクションに分割して、比較的短いスパンで
計画を作成するようにすると、やりやすいんじゃないかと思います。

 

私は、一年間を長期・中期・短期の3つのスパンに分割して
計画を作成することをオススメします。

 

ここでいう、長期は3ヶ月、中期は1ヶ月、短期は1週間です。
一年を長期スパンの3ヵ月で分割して、
その長期スパン3ヶ月を、中期スパンの1ヵ月で三つに分けます。

 

そして、1ヵ月を短期スパンの1週間で四つにわけて、
各スパンごとにこなすべき作業量を決めていくわけです。
一年には、夏休みや冬休みという特殊な期間も含まれるので、
そういったものも考慮する必要はありますが、

 

こういう風に細かく分割することで、長い期間の計画を立てるのになれていない受験生でも
比較的簡単に、受験計画が作れるようになると思います。


落ち着きがなくあきっぽくて・・・【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

落ち着きがなくあきっぽくて・・・

と言った話を良くお母さまからお聞きします。

 

うちの子落ち着きがないと悩んでいる方に

ちょっと質問です!?

 

自分が子どもだった頃、落ち着きはありましたか。

私は今でも仕事をしながらあっち机にへうろうろこっちの机にへうろうろしています・・・

 

子どもの頃はなおさらだったかもしれません。

お子さまが落ち着きがないことで悩むことはありません。

 

嫌いな勉強ならなおさら机についても落ち着きがなくても自然だと思います。

机につく習慣がない子は5分からでも良いので少しづつ机につく習慣を今日からでもつけていけば良いと思います。

 

勉強するときは好きなジュースを入れてあげたり

ちょっとしたサポートをお母さまが続けることも重要だと思います。

 

お子さまに勉強習慣をつけてもらうにはお母さまのサポートも

必要になってきます!

 

是非お子さまが喜ぶサポートをしてみていください!!


脳が睡眠中に行う機能を利用する。 【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

結論から言うとテスト前は睡眠時間8時間はとってください!

 

なぜなら、脳は睡眠中に、一日の情報を整理しており

その日覚えたことを脳に深く刻む行為を行っています。

 

つまり、睡眠によって、記憶されていくのです。
そのため、テスト前などに徹夜して覚えた項目などは睡眠に

よって脳に深く刻む行為を行っていないため、すぐに忘れてしまうのです。

 

また、8時間とるべき理由は、世界の脳科学者たちの統計データから
ベストな時間であると発表されています。

 

効率的に覚えるには睡眠時間が大事なんだと覚えておいてください!


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map