インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

子どものやる気を引き出すステップ【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

親御さんの悩みで多いのが子どものやる気についてです。

 

子どものやる気を段階的にアップする「子どものやる気を引き出すステップ」

をお話します。

 

子どもが勉強していてうれしいと感じることは

『親に褒められたとき』がもっとも多いそうです。

 

子どものやる気を引き出すには

褒める力を無視することはできません。

 

ただ褒めるといっても簡単ではありません。

褒めても安心してその後、まったく勉強をやらずといったことも珍しくないからです。

 

その子に性格に合わせ褒める『タイミング』と『回数』、『内容』の

バランスが必要です。

 

お子さまを褒めるポイントで重要なのは

才能の部分ではなく、お子さまががんばったことを褒めるのが重要なポイントです。

 

あなたは頭が良いといいすぎると失敗や間違いを恐れるという

心理学や大学の実験などで明らかになっています。

 

褒めるポイントはがんばったことや前向きになるような言葉が効果的です。

ぜひ試してくださいね。


問題解決のヒントは子どもに「聞く」こと!【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

子どもの話を聞くことは大事であるというのはわかっていても

辛抱強く相手の話を聞くには努力がいります。

 

それは脳の情報処理のスピードと関係します。

私たちは1分間に100~175単語話しますが、聞くことができる単語数は600~800といわれています。

すなわち、聞いたことを処理するスピードが圧倒的に早いので

相手が話しているうちに他のことを考えしまうのです。

 

聞くエクササイズとして面白いものがありましたので紹介します。

ALL about の記事より。

 

「聞く」エクササイズ10のポイント

あなたが、お子さまのやる気を上げたいと思うなら、次の10のポイントを意識して取り組んでください。

1.話すより聞くことに時間を割く
相手の話を聞くための時間を意図的に設けること。3分でも5分でもかまいません。1日の始めに「今日は○○の話を聞く」と決めて、「最近どう?」など声をかけます。

2.質問に質問で答えない
「判断に困ってるのですが、どちらがいいでしょうか」「君はどっちがいいと思う」など、質問を質問で返すには、ある程度の信頼関係ができてからです。まずは、「もう少し状況を聞かせて」など話を促してみましょう。

3.先入観に気づくこと
お子様の話を聞いているときなど、頭の中での相手に抱いている先入観が邪魔をしていませんか? それに気づいたら、少し脇においてお子様の話に集中しましょう。

4.お子様が話しているとき、別のことを考えたり、相手の考えを先読みしない
「わかったわかった」といいながら、別のことを考えていたり、「つまりあなたが言いたいことは」と話を先読みしていませんか。聞いていないというサインは相手に確実に伝わります。まずは、相手が最後まで話すのに集中して聞くことです。

5.お子様に話させる
「それで」「もう少し聞かせて」「ということは、こういうことかな」など、相手の話を促進させる言葉のレパートリーをたくさん持つことです。

6.途中で口を挟まず、最後まで聞く
「最後まで聞く」というのは、できるようで実はできていません。「あなたはそういうけれど私は……」や「私の場合は」と自分の話にすり替えて話していませんか。まずは最後まで話を聞くと決めること。相手が話し終わったら1秒置いてから話すという工夫も効果的。

7.承認する
「なるほど、わかりやすい」「それはすごいね」「あなたはよく調べてきているね」など、途中で承認の言葉を入れましょう。承認は「あなたの話を聞いているよ」というサインにもなります。

8.沈黙を受け入れる
何か質問したとき、相手が黙ってしまうとあわてて言葉を継ぎ足すことはありませんか。沈黙は相手が「考えている」という証拠。思考を邪魔せず、相手が話し始めるまで待つこと。

9.お子様の言葉を反復する

相手の言葉を使って反復すると聞いてもらっているという実感が持てます。

10.聞いているというサインを送る
視線を合わせる、身体を相手に向ける、やっていることを止める、など話を聞いている、ということを身をもって示すことです。

 

 


勉強方法の基本中の基本【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

「基本中の基本」ですから、勉強の原点とも言えるでしょう。

原点です。

 

勉強の原点とは、教科書です。

全ての勉強は、このときから始まります。
『勉強ができるようになるための基本』は教科書です。

学校で、先生が教えてくれることは、その授業中に理解して覚えるようにしま

しょう。

 

この心構え(学習姿勢)こそが、勉強の基本なのです。

何故、その場で理解した方がいいかと言うと、同じ授業を何度もしてくれない

からです。

 

授業を受けるときに大事な点は3つです。

①ノートを取る。

②先生が大事だと強調するところをチェックする。

③授業に参加する。

 

学校の授業に参加する習慣がしっかりできるようになれば

自宅学習の時間が少なくてもしっかりとした解答がテストでもできるようになります。

 

勉強の基本は学校の授業であり、教科書です。

ぜひ、授業に楽しみながら参加してみてください。

 


子どもを褒める【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

・家庭学習の習慣のない子
・勉強に自信の持てない子

に、「おほめの言葉」を上手にかけて、お子様の自信を取り戻しましょう。

そして、学力と成績を上げましょう!

 

家庭学習の習慣がない子にどうしたら勉強習慣がつけれるか?

お子さまへ「今日から毎日勉強しなさい!」としかってもほとんど効果がありません。

 

まずやるべきことは3つです。

①少しの時間、10分でも毎日机について勉強する。

②まずは解ける問題からやる。

③がんばったら褒めて、明日に繋げるようにする。

 

勉強習慣がないこには重い車をゆっくりと走らせて上げるイメージで

徐々に加速していくようにサポートすることをお勧めします。

 

いきなりスピードを上げようと強く押すと強い反発になることがあります。


わかりやすいテスト勉強の仕方【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

テスト勉強の仕方って最初はよくわからない子が多いようです。

簡単なテスト勉強の仕方をお話します。

1.スケジュールを立ててみる。

  テスト前に、テスト科目の勉強が均一にできるようにスケジュールを作り

  ましょう。

  苦手な科目の勉強は、他の科目より勉強時間を少し多めにします。

  得意な科目の勉強は、他の科目より勉強時間を少し減らします。

  全科目が苦手の人は、全ての科目の勉強時間を同じにしましょう。

  作ったスケジュールに従って、毎日、勉強をしていきましょう。

  特に、テストの前日は、しっかり睡眠をとるようにしましょうね!

 

2.学校に提出するモノから勉強を始めてください。

  テスト前やテスト当日に、学校で使用している問題集(ワーク)を提出さ

  せる先生がいます。

  これは、どんなことがあっても、しっかりやって期限までに提出しましょ

  う。

  なぜなら、通知表の評価項目として、採点される場合が、非常に高いから

  です。

3.学校の授業でやったノートを勉強してください。

  授業のノートは先生が重要だとおもっている所が多いです。

  教科書と併用して必ず理解できるまで勉強してください。

 

以上の3点をしっかり勉強すると少なくとも

平均点は取れるようになれると思います。


テストが返ってきたら復習する【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

テストは、言い換えれば、問題集と同じと考えてください。

 

先生から教えられたことが、身についているか、いないかを試されるのです。

但し、テストの場合は、他の生徒さんと同じ条件(テスト時間や同じ問題)で

試されるため、問題集と同じとはいっても、成績に影響します。

 

 

皆さんは、先生から返されたテストを、ご家庭でどうしていますか。

得点だけ見て、

・ほめたり

・なぐさめたり

・叱ったり

も大事ですが

良い得点で返ってきたテストでも、悪い得点で返ってきたテストでも、そのテ

ストを、学力向上のために、有効に活用しましょう。

活用の具体的な方法としては、

・できなかった問題 → 今度はできる問題に変える勉強をする

などです。

 

できたなかったところをできる様にするのが勉強の基本ですので

間違ったところは喜んでできるように復習を心がけましょう!


超勉強嫌いな小学3年生の息子 【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

小学3年生の男の子なんですが
超勉強嫌いで困っています。

 

宿題はぜんぜんやらずに遊んでばかりいます。
男の子は特にまったく勉強できないと将来困りますよね。。。

 

先日お母さまから相談がありました。

小学生のお子さまをお持ちの方ならお気持ちが解る方も多いかもしれません。

 

お子さま本人と面談をしてみるととっても元気で明るくスポーツマンといった感じで

第一印象はとても良かったです。ただ勉強は嫌いでやり方わからない。

 

小学校に入り勉強を学校でやるようになりますが

なかなか成績の上げ方を知っている子の方が少ないと思います。

 

勉強が嫌いなお子さまは下記の3つから勉強を始めてください。

①わかる学年まで戻って勉強をする。(3年生⇒1・2年へもどって見る)

②勉強習慣をつける。(10分からでも毎日やるように習慣づける)

③できたら褒めてあげる。(がんばったことを褒める)

 

以上の3つをできるところから少しづつ行っていくことをお勧めします。

それでは楽しく勉強をしてくださいね。


フジテレビのFNNスピークニュースで紹介されました。【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

2月7日11:30~フジテレビのFNNスピークニュースでインターネット家庭教師の

授業が紹介されました。

 

インフルエンザが流行して学級閉鎖を行っている

学校がたくさんある中、自宅でできる勉強方として紹介されました!

 

受講生の小学生6年の女の子とお母さまにテレビ撮影にご協力頂いて

授業風景やインタービューがニュースで流されました。

 

ご協力本当にありがとうございました。

 

インフルエンザがはやっているようですので皆さまを

体調を崩さないようにしてくださいね。


受験勉強をいつから始めれば良いの?【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

受験勉強の開始時期は結構悩みますよね。
特に周囲から受験受験と言われ始めると気になって焦ってしまいます。

 

結論から言うと、

 今日から

ということになります。

 

それはそうですよね。
何事も早め早めに取り掛かって損をすることはありません。

 

現に受験を終えた生徒から「早く勉強を始めて後悔した」という声を聞いたことはありません。
逆に「遅く始めて後悔した」って言葉はよく聞くんですけどね。

 

でもここでひとつ考えて欲しいことがあるんです。

それは、

受験勉強って一体何?

ってことなんです。

 

結論を言ってしまうと

受験勉強とは受験を意識したレベル・内容の問題を解いていくこと

なんですね。

 

ですから受験勉強の開始時期も

受験を意識したレベル・内容の問題を解き始めた時期になるんです。

 

ただいきなり基礎が無いのに受験問題は解けませんよね。

最初は学校の授業でやっている問題を解けるようにしてから

受験の問題をやっていくようにすると良いでしょう。

 

受験問題を始める目処は夏休みと同時に始めた方が良いと思います。

それまでに学校の授業を理解できるようにしてみてください。

 

受験勉強の開始時期は、

 今から

なんですね。

 

要はこの勉強が受験につながっているという意識を持つことです。
そうすれば日々の勉強を少しでも無駄にしたくないという想いが出ます。

 

その一歩一歩が大きな力になるんですね。

 

どうか今すぐ受験生の意識を持ってください。
受験生の意識で充実した受験生活を送りましょう!


インターネット家庭教師の使い方【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

インターネットで自由な時間に勉強ができるようになり

お子さまが通塾の時間や友達と帰りにしゃべってしまうなどの

無駄な時間が勉強に当てられる時代になりました。

 

インターネット家庭教師を受けられているお子さまは

私立小学校のお客さまから公立高校受験を目指されている

お子さままで幅広くいます。

 

インターネット家庭教師の授業で特に皆様に喜ばれているのは

学校の復習や予習の授業です。

 

ただ決められた参考書をやるだけではなかなか成績もあがりませんが

学校の授業にそって勉強をするとお子さまも実力が上がっている実感をもてるようです。

 

今はご家庭でも簡単にスキャナでノートや問題を取れるため

お子さまが解らなかった箇所をサポートするとお子さまはすごく喜ばれています。

 

家庭教師の先生が家に上がる必要もないので

お茶菓子の心配なども無く安心して授業に集中できます。

 

ぜひ無料体験を現在は行っているのでお試しください。

 


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map