インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

楽しい勉強で学力を高める【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

何事でも言えることですが、楽しみながらやることが一番身に付き
ます。特に子供の場合はそうです。
あまり勉強が好きでない子や意欲がない子に問題集をやらせたり、
参考書を読ませたりしても、なかなか身に付かないものです。

ですが、諦めなくても大丈夫です。
そういう子でも、力を付ける方法があります。

それは、楽しく勉強をしてもらうことです。

子どもはどんな時に勉強をやってて良かったと思うのか。

 

①問題が解けたとき

②親の褒められたとき

③受験などの目標が達成できたとき

 

こういったときに子どもは勉強をやってて良かったと思うわけです。

この中でも簡単にできることは①と②です。

 

①はまず難しい問題ではなくその子が解ける問題から解いてもらうと

良いともいます。

 

②そして問題を解けたら大人が褒めて認めて上げることが子どもの

モチベーションに繋がっていきます。

 

まちがっても「そんな問題誰でもできる」なんて言わないでくださいね(笑)


漢字好きにするための【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

子どもを漢字好きにするための方法をご紹介します。

1つ目は、何といっても、毎日書き取りをすることです。
これが昔からのオーソドックスな方法で、しかも効果がある方法です。
これ抜きで漢字が得意になることは、ありえません。

ですが、問題は、毎日するということがなかなかできないというこ
とです。宿題に出されれば必ずすることになりますが、先生が出してくれる
とは限りません。

教科書の音読、日記、算数のプリント、難解語句の意味調べ等、宿
題にもいろいろあって、漢字を出したくても毎日は無理、という場
合が多いのです。

そこで、自主勉強として毎日書き取りをするという方法が考えられます。
これを毎日続ければ確実に漢字の力は付きます。


まずほしいのも決める【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

1.ほしいものを決める。

一番最初にしなければならないこと。

それは、あなた自身が「本当に合格する」と心に決めること。

すべてはそこから始まります。
自分が本当に望めば、必ず実現します。

 

2.紙を一枚用意する。

成功の法則は
思考 → 言葉 → 実現
という順番です。

そのために大切なことは
1.思考(目標)を明確にすること。
2.自分に実現可能だと信じ込ますこと。

 

3.持って歩いて、常に見る。

人間が一番物事を記憶できるのは、どういう状態でしょうか?
1.リラックスしているとき(気持ちが素直だから)
2.何度も同じ事を聞いたり見たりした時

です。

昨日紙に書いた目標を、定期ぐらいのカードに書いてください。

それを定期入れや生徒手帳、システム手帳に入れておきます。

 

朝起きて見る。
トイレでカードを見る。
・・・・

とにかく何度も見ること。


4年生から歴史漫画を読ませる【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

小学6年生で、子供たちは初めて歴史の勉強をします。
いつも感じるのですが、6年生の最初の子供
たちの歴史に対する興味と知識にはとてつもない差があります。

中には、6年生で歴史の勉強をやるのを、5年生の頃から心待ちに
している子もいます。

そして、その子たちに共通することが、4,5年生の頃から歴史漫
画を読んできたという事実です。
歴史漫画は、子供たちの大好きな漫画という形式で、歴史を生き生
きした人間の物語として楽しませてくれます。

そこでは、実際に顔を持つ生き生きとした表情の登場人物たちが大
活躍する姿を見ることができるのです。

漫画でも事前に歴史を少しでもしっていると

学校の勉強にも興味がわくようになります。


できるを続ける【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

1番大切なことは、回りにあるものをまずは最大限利用する
ことだと思うんです。

それをやって、さらに余裕があれば新しいことを
始めるそれでいいじゃないですか。

成績もあがる勉強の方法は、すごく単純なことです。
授業の予習をするとか、復習をするとか。

本当に単純なことです。
でもね、やることは【単純】でもそれを続けることは【簡単】でなかったりするんですけどね。

あなたができることを続けることが大事です。


授業を良く聞くと成績は伸びる【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

クラブ活動と両立しながら勉強している生徒に多いのは、
「学校の授業を十分に活用する」ということです。

 

つまり、彼らの発想は、「今あるものを上手に利用する。」 ということです。

実際に、クラブ活動やっているとどうしても家庭学習の時間は減ら さなければなりません。

 

そうすると、おのずから家の家庭時間以上 に学校での学習時間や、

塾での学習時間を上手に利用するように なってくるのです。

 

勉強の出来る子供ほど、学校や直の授業時間を上手に利用するということです。

また、成績の良い子は、その点も要領得ています。成績よくても授業中でも しゃべる生徒はいます。

 

しかし、 「上手に自分のわからないところ」や、

「『ここが大事。』と言ったときだけ」は聞こうとします。

 

勉強時間を増やさないで、成績はあげようと思えば、

「今与えられている勉強する時間を上手に利用すること」がそのコツです。

 

出来るだけ、その時間ないでマスターするように授業を聞きましょう。

 

そぼっても1時間、よく聞いて力をつけるのも同じ1時間です。

あたなはどちらを選びますか。


成績を上げるための効率のいい勉強法【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

【成績アップする理論−成績アップの秘訣−】

実際に自分のできないところをつぶすやり方は効率的です。
今回は、その長所を考えていきたいと思います。

<<徹底した弱点を潰す>>

1.弱点を探し、細やかに見つけて、

2.徹底的にトレーニングする

3.さらにそれを、猛烈なスピードで

4.短期間に

行うことです。

*********************************************************
テスト結果

1  ○
2  ○
3  ○
4  ×→ ○
5  ×→ ○

<まちがいを徹底的に直すことが成績アップの秘訣>
*********************************************************

【テスト】の

「出来たところ」
「出来なかった」

ところを確認し、出来なかった問題を分析し、次にそれの改善を図
ります。つまりは、弱点の克服です。

 

それを出来るまで、徹底的に「しつこいくらい」にやるのです。本当に
「しつこいくらい」です。実はここで、教える側も定着していないのに、
妥協して

「今日はもうこれで終り」

としてしまうと、それが積み重なって、テストの結果に大きく響いてくるの
です。そして、さらに定着させるためにさらに「宿題」を出しておくのです。

生徒側は、ともすれば、「わかったつもり」になるので、それを防ぐため
に徹底的にやるのです。そして、テストを何度かして、確認できた時点
で次に進むのです。この流れをまとめてみますと、

テスト→弱点発見→解説→徹底的な問題集トレーニング→テスト

すると、そのテストをして、問題集トレーニングをする箇所が増えて、1
つ1つ潰していくと、成績がある一定の期間過ぎるて「グーン」と伸び
始めるのです。

 

成績を上げるための効率のいい勉強法とは一言でいうと

テストの間違いを復習することです。


勉強について徹底して復習する【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

勉強は、「学んだことをどれだけ身につけるか」に
かかっています。

 

「成績を上げる」ということに徹底してこだわってきま
したが、大切なのは「やったことをどれだけ身につけるか。」

ということです。これもすべては人間の記憶に関わって
くるようです。

 

もし、お子さんが

英単語100覚えても1週間もすると、何個覚えていると思いますか?

??????????????????

実は、たった  約25程度しか覚えていないのです。

 

というのは、脳のしくみを知ればそれが

いかに自分の無知によることかわかります。

 

脳は今日覚えたことすら忘れるようにできています。

脳に記憶として残すには反復して記憶させてあげることが必要です。

「本当に反復学習をやっていない生徒は上がらないのです。」


間違った問題を徹底的につぶす【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

成績を上げるのは、

「間違った問題」をいかに早く理解して、自分のものにしてしまうかです。

これが成績アップにつながります。

 

問題集をするに解くにしろ、参考書を読むにしろ、

「ただ単に解いた」

というだけでは、成績はあがりません。

当たり前ですが、問題集を解いたときは、

1.○
2.×
3.×
4.×
5.○

の状態でこれで終わっていては、決して成績は上がっていきません。
これを

1.○
2.×→○
3.×→×→○
4.×→×→×→○
5.○→○

のようにしっかりと、直して100%近くまでマスターして始めて力がつく
のです。成績をアップさせるというのは、簡単に言えば

「自分の間違ったところを見つけて、直し、正しい解答方法を身につける」

ということなのです。


長期的な視点【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

受験生になると、とかく「目先の模試の成績」にとらわれがちで、じっくりと自分
の実力をつける努力を怠る人が多いです。

でも、実際に実力をつける人は、目先の成績にとらわれる
ことなく、実力を地道につける練習を毎日やっている生徒です。

「次、テストだから・・・」この時期になると、とにかく、目先のテストに追われて、
入試前に力がついていない生徒がいます。

とにかく「目先のテストの結果」だけに振り回されて、最終的に受験ギリギリには、成績
の伸び悩み・・・という形が多いです。

受験生をみると、大きく二つのタイプの生徒がいます。

ひとつは

「長期的視点で自分の実力をあげようとするタイプ」

もうひとつは、

「目の前のテストだけにとらわれるタイプ」

の2つがあります。

受験生になると、ほぼ毎月といっていいほど模擬試験が
行われます。

 

そして、それに対して

「テスト対策として、勉強する」と、年間を通して

「入試の範囲が勉強できるカリキュラム」

になっています。

 

基礎をしっかりつけること」「苦手分野」

テスト勉強とは他に、「毎日英単語の勉強をする」ということです。

 

目先のテスト勉強だけにとらわれること
なく、地道に「英単語の暗記」をしていくのです。

数学なら

「毎日15分間の計算練習・・・」

英語なら

「毎日15分間の単語の暗記」

といった具合です。

 「あなたのお子さんは、長期的視点にたったテスト勉強
   していますか?」

ぜひ、そういった視点で勉強のやり方を見直して、成績
アップにつなげてくださいね。


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map