インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

効果的なテスト前勉強方法!?【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

テスト前勉強は、限られた時間の中で効果が出るようにやらなくてはいけません。

勉強した内容の教科書を読み返したり、内容を整理するだけではなく

問題演習も必ずやる方が良いです。

 



自分ではわかったつもりでも、問題演習を解いて正解することができなければ

結局テストで得点することはできません。

 

正解できなかった部分をノートにまとめておき、後日またやってみることも大事です。

そのようにして、弱点をつぶしていくことで、テストで得点を積み重ねることができるはずです。

 

テストの範囲の勉強を1度目は軽く復習し苦手な部分を見つけ

2度目は苦手な部分を重点的にやれるように、時間に余裕を持って計画を立てると良いと思います。

テスト前日は早く寝ることができるように準備する方が良いです。


効果的な英単語暗記法!?【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

英単語を多く覚えることが、英語必勝法のひとつといってもいいでしょう。

おすすめするのはスピードを重視した暗記法です。

まず名刺大のカードを覚えたい単語の数だけ用意します。

そしてそのカードに単語と発音記号を書きます。

 

そして裏には日本語訳を書きます。

すきま時間に1枚3秒くらいのスピードでめくりながら、発音を声に出して読んでください。

 

この時、正しい発音で読むということが大切です。

もし発音記号が苦手で正しく読む自信がなければ電子辞書を購入して、耳で覚えてください。

 

実際に声に出して読んでみることで、自分の耳でもう一度聞くことにもなり

五感のうちの聴覚と視覚を利用した学習になります。

 

1枚3秒のペースでこの練習を続けていけば、1分20単語、10分で200単語になります。

1日10分のペースで続ければ、1週間で1400単語も勉強することが可能です。


脳と体のことも考えたテスト勉強【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

テスト前になると、たとえ少しでも脳に色んなことを詰め込みたいので

1分1秒がとても貴重に思えてきます。

寝る間も惜しんで勉強した方がいいのではと思うくらい焦ることもあります。

しかし、それによって自分の体調が悪くなってしまってもいけません。

 

脳も使ってばかりでなく休ませる時間も必要だと思います。

テスト前日でも必ず夜は睡眠を取るように心がけていました。

 

その方が、朝起きてから脳がいきいきしているのがわかりました。

前の晩しっかりと覚えておいたことも記憶されています。

 

しかし、徹夜や睡眠不足状態でテストを行ったとき、頭がやはりポ~っとしたような感じでした。

元気も出ず、早くテストが終わってほしいとばかり考えてしまいました。

 

人間の生活リズムを変えてしまっては、いざという時にその力も発揮できる状態ではなくなってしまうので

ちゃんと自分の脳と体のこともいたわりながら勉強を心がけるのも大切だと思います。


ホテルや乗り物の手配は万全ですか!?【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

ホテルの予約や乗り物の手配は万全でしょうか。

人任せにしていると,直前になってさあ大変だということになりますから

受験生は自分の目で確認しましょう。

 

受験の前日から当日までの行動をイメ-ジすることが大切です。

それらが完全にできてこそ、落ち着いて勉強ができます。

 

この時期は試験日まで指折り数えて何日でしょうから

新しいことには取り組まず、今まで勉強の中で自ずとわかっている弱点の

復習に徹するべきです

 

沢山ありすぎるからと、焦ることはありません。

自分のペ-スで弱点を着実に潰していくことに徹するべきです。

 

試験日までに一回りするのが理想ですが

あやふやな状態で一回りしたのでは意味がありませんから

出来るところまで着実に弱点を潰してください。

 

きっと成果が出ます。


受験直前は復習が大切!?【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

受験直前は、あれこれせずに復習に的を絞ったほうが効果的です。

ただ、そのためには、ある程度時間を残して、一通り勉強を済ませておかなければなりません。

受験当日から逆算して、復習期間を確保するためには

いつまでに問題集やテキストを終えなければならないか、デッドラインを定めておくのです。

 

受験勉強は時間との闘いです。

綿密に勉強のスケジュール設定をしておかなければなりません。

 

スケジュールがあれば、日々の取り組みにおいても、ダラダラした部分が自然と省かれていきます。

そして受験直前の復習のため、ひとつの問題集を作るつもりで

自分のウィークポイントを洗い出していければ良いでしょう。

 

あとは直前期にそのポイントを徹底して復習すれば大丈夫です。


テスト前勉強方法をご紹介!大学生先生体験談【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

テスト前の勉強を大体2週間前くらいから始めていきましょう。

文系だったのですが、とにかく余計なことを考えずに記憶していくことが一番だと思います。

語呂合わせなども使いましたが、記憶にはイメージで覚えたもののほうが余計に頭に残っています。

後、一番使用したのは赤ペンで書いたものを赤の下敷きで空白にして覚えていくというやり方。

 

テスト前日になって、もう勉強机には向かいたくないが、まだ記憶しないといけないときなどにとても効果的です。

一夜漬けも歴史や地理などの教科のときは使えます。

 

一週間前に記憶したものと前日に記憶したものでは、やはり鮮度がいいほうが頭に残っています。

うちの学校は特にテストが難しくて苦しんだのですが、これらの方法で何とか卒業しました。


ひたすら書いて書いて指で覚える!【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

中学生の頃から塾には通っていましたが、それでも成績は学年でトップにはなれませんでした。

国公立大学進学率の高い県立高校に入学を希望していたので

部活の終わった中学3年生の夏休みから猛勉強を始めました。

目で見て覚えても、記憶するには限りがあり気が付くと忘れてしまっている事が多かったため

私には「ひたすら書く」という勉強が合っていました。

 

国語も数学も社会も理科もまずは教科書を写経のように丁寧に書き写す事から始めました。

全て写し終ったら今度は参考書やドリル等、計算問題でも

文章問題でも全て問題から写し、答えを書くようにしました。

 

教科書は全ての勉強の基本でもあります。 書き写すうちに問題が予想できるようになり

応用問題も簡単に解けるようになってきました。

 

何度も続けていると、指が勝手に覚えていて書くようになります。

頭で思い出せない時は指がどう動いていたかを思い出すようにしてテストの答案に書いていました。


試験直前勉強方法【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

試験前の勉強方法です。

まず、演習問題を多く解くようにします。

 

たとえ一問だとしても、それに時間制限をかけます。

実際の試験では、時間が無くなって出来る問題も落としてしまった

なんてことは避けたいですから、時間に追われながら問題を解く

ということに慣れるようにします。 それに、過去の問題は暗記するほど繰返し解きます。

 

同じ問題が出る可能性は少ないですが、似た問題が出る可能性はあり

その時に解けないと悔しいですから。 試験の直前になれば、出そうなところにしぼりこみます。

 

しぼったところを集中的にやって、他のところはそこそこにしておきます。

全部やろうとするとかえって頭に入りませんから、やることを絞ります。

そうすると腹も据わって落ち着けます。


受験勉強のやり方と記憶法!?【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

テスト問題は、Q&Aでできています。

つまり質問と答えです。

テストで点を取るには、どんな質問が出るのか読むことです。

つまり、自分で問題を作ってみる。

 

問題を作るといっても、クイズみたいな簡単なものをノートに書きます。

ノートの左側に問題を右端に答えを書いて、答えを隠してやります。

 

教科書を全部クイズ化します。何百問とシュミレーションして作ります。

自分の作ったクイズなら、誰だってできるはずです。

 

勉強で大事なのは、復習ですから、自分の作ったクイズでも覚えられないものは

印をつけておいて何度も繰り返しやります。

 

それが、できたら、他人の作った問題集なんかをやります。

問題集なんかも自分で簡単にクイズ化するといいです。

 

質問がでたら、パッと答えが出てくる早押しクイズのトレーニングみたいなものです。

記憶する時は、映像的に覚えましょう。

 

派手な映像例えば爆破シーンとか痛い映像なんかは

記憶に残ると言われています


受験前は、実践を意識した勉強!?【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

受験前は、過去問や実践対策問題集などの問題を

解く時間を意識して進めていければ良いと思います。

その中で分からなかったり、理解できなかったところは

今まで自分で使ってきた教材を利用して確認します。

 

このようにして、穴があるところは確実に埋めていきます。

特に、数学や英語は時間がなくても毎日長文を読んだり

問題を解いたりして、頭の回転を鈍らせないようにするといいでしょう。

 

常に試験を意識した、時間配分、問題の解き方をして

効率の良い勉強をしていければと思います。

 

そうすれば、入試当日もいつも通り平常心で問題を解くことができます。

入試まで、一点でも多く点数が取れるように

時間を無駄にせず集中して取り組むことができれば、合格が近づくと思います。


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map