インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

効果的な勉強法に関して

勉強って好きな人あまりいませんよね、そんな勉強法に関してです。まずおすすめしたいのが自分が苦手なことに関して自分で問題を作ってみることです。時間が少ない人には面倒ですが違った角度から考えることが出来ますし、問題を作ることで理解が深まります。また、問題を作るためには丸暗記では難しいので自然と周囲の情報も必要となります。注意してほしいのは、既存の問題を書き写すのでは単なる時間の浪費ですので、かならずオリジナルの問題を作成するようにします。それをノートに書いておきます、さらに解き方の解説をいれておくとより効果的・印象的に頭に入ります。苦手な問題をみつけたら是非この方法を試してみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

副教科は先生に質問をしてみよう!

学校の先生はフェアに生徒を見て成績を付けますが、人ですから多少左右されることもあります。厳密のテストの点数や提出物だけで内申が判断されるのなら良いのですが、もしある生徒が定期的に先生にわからないところを質問しに行っていたとしたらどうでしょう。その生徒の内申は加点されるのではないでしょうか。音痴でも、おすすめのクラシックを教えてくださいと音楽の先生に聞きに行けば、音楽的才能は認められなくても、内申の「積極性」や「興味・関心・態度」の欄でAがもらえます。特に副教科である体育や音楽、美術は生まれ持った才能に左右されることがあるので、そのような科目の場合はその先生に積極的に質問をすることが重要となってきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申の上げかたはひとつ?

内申とはとは要は内申書な訳で。すなわち、学校での学力テストでの点数であったり、結果を表しますが、それとはまた別に、その内申点と言うものがあります。その内申点と言うのは、💮など以外に学校での授業態度であったり、出席率であったり、また家庭環境を見ての審査だと思うのです。ですので、いくら学校のテストがよくても、内申点は悪い子と言うのはごく稀ですがいます。昔、私の同じクラスの同級生にもそういった子はいました。勉強はそこそこ出来るんですが、日頃の態度があまり良くなく、良く先生から内申点について問われていました。ですので、内申点を上げるコツとしては、日々真面目に学校に行き、そして真面目に授業に取り組んでいれば自ずと上がって行くものだと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

受験対策は内申点にも注目を?

絶対に合格をすると思っていた秀才が受験に
失敗をしたということを聞いたことがあるのではないでしょうか。

意外と気にされていない内申点を意識されるのは受験間近になってからという人も多いのですが
内申点は引き継がれていき、提出物を期限内で提出しない、チャイムがなっても話をしていたり
塾ですでに習っていたからと他の勉強をしていたり眠ったりしていると、内申点に響きます。

すでに理解している内容であっても、しっかりと教師の話に耳を傾け
理解している内容に間違いがないのかを確認する意味でも授業を聞くという当たり前のことを行うことで更に理解を深めることが出来ます。

また、授業中に私語やよそ見なども慎むこと、忘れ物のないように意識をすることが大切です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申点は授業の受け方で上がる

内申点を上げる方法の一つとして、普段の授業をいかに真剣に聞いているか
提出物の遅延がないかがいちばんの近道だと思います。

正直、テストの点数はあまり気にしなくてもいいかもしれないです。
あくまで、内申点を上げるコツとして考える場合です。

総合的に評価を上げたい場合はこの限りではないです。
具体的な方法は、授業中の挙手するかしないかも重要になってきます。

先生方は、実際教科書の中を説明し、要点を黒板に書いて質問します。
実際に生徒一人一人が今までのやり取りを聞いていたかは、生徒の姿勢
仕草からしか感じ取れません。寝ているだとか窓の外を見ているのは論外です。

そうするのではなく、質問された場合は積極的に挙手して自分の意見を述べる。
それが多少的外れな回答であっても授業に参加してる姿勢を見せるだけでも違います。

提出物についても、同じことが言えます。自分の意見をその授業に対して示しているかを先生方は見ています。
そうすることだけでも少なからず内申点は上がっていくと思います。

実体験も少し交えて説明しましたが、まず間違い無いと思います。
テストで良い点を取るだけが内申点を上げる訳ではなくて、普段の授業を受ける姿勢から考えて見てはどうでしょうか?



このエントリーをはてなブックマークに追加

コツコツがコツ!内申を上げたいなら日々の努力がマスト(男子生徒編)

内申が大きくものを言うのが主に高校入試。
昔はクラスの中で評価の割合が決まっている「相対評価」がメインでしたが
最近は評価の割合が決まっていない「絶対評価」で内申を決める中学が増えてきています。

相対評価の場合、同じようなレベルでもクラスによっては
評価が違ってしまうという弊害が起こりがちでしたが
絶対評価の場合はクラスごとの弊害は少なくむしろ本人の努力が評価されやすいというポイントがあります。

しかし、本人の努力が評価されやすいという事は逆に言うと他の子と同じような努力をしても
先生になかなかアピールできないという事にもなり得てしまいます。その場合
上手にアピールしたいのが「男女の性差」です。男子生徒の場合、音楽・家庭科・道徳などは
同じようなレベルの女子生徒と比べるとアピールしやすく内申アップが期待できる科目です。

具体的な方法は、音楽なら指揮者に立候補する、家庭科の宿題は写真やイラスト入りで丁寧に仕上げる
道徳は当たり前ですが「授業中に寝ない」等です。

中学生ぐらいの年頃の子は、あからさまな内申点稼ぎには抵抗もあるし周りから浮いてしまう恐れもあるので
宿題・ノートなど先生にしか見れないようなものを極力丁寧に仕上げること。

授業は先生の顔を見て姿勢を正しくといった、当たり前だけど雑にしがちなことを改めるところから始めてみましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ノートを活用した内申を上げる勉強法

普段、学校でノートを取っていますが、それを定期試験で活かすことができます。
特に先生が念を押して何度も言った場面や重視して説明した部分など、ノートに書き残しておくと
その部分はテストに出そうだなと自分でも分かるようになります。

ノートは先生が書いたことを写すだけではなく、先生が発した発言などをきちんとメモに残すことで
意識しても定着しますし、テストに出る部分も自分で理解できるので、自分でもテスト対策がしっかりできるようになります。

普段から真面目に学習すること、定期試験もきちんと対策を取って行うことで、内申を上げる勉強法になります。
ノートはポイント部分をしっかりメモすることで、テストの出題傾向もわかるようになります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ノートの取り方を工夫して内申点を上げる

内申の評価基準となるものの一つが授業態度です。
先生の話を真面目に聞いているか、積極的に質問するか等が加味されますが
授業態度でアピールするのはなかなか難しい面もあります。

授業態度の改善に結び付く方法の一つが、ノートの取り方です。
ノートを取る際は、先生が黒板に書いているものをただ写すだけではなく
重要だと感じた点、気になった点などを付け加えて取るようにします。

そうすることで、自然と授業態度が真剣になってきます。
自分で工夫しながらノートを取ることで、自然に疑問点も出てくるので、質問もしやすくなります。

引っ込み思案の子供でも、ノートの取り方を変えるだけで、無理なく学習姿勢をアピールできるようになります。
また、家で復習をする際に、授業内容を思い出しやすくなるという利点もあり、成績アップにもつながっていきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

定期テストで確実に点を取る

内申点を上げたい勉強法を考えるのであれば
定期テストで確実に点数を取ることが大切です。

定期テストは内申点に直結をするものであり、この点数によって大きく変動します。
定期テストは試験範囲が決まっており、先生によっては試験問題に近い問題を練習させることもあります。

入学試験等と同じような実力テストに比べればはるかに点数の取りやすい試験であり
一定の範囲内をしっかりと勉強して覚えておくことが大切になります。

また実技教科においても定期テストでしっかりと点数を取ることが大切です。
実技教科といっても実技と定期テストによる知識は、半々位の割合で評価が決められているので
どんなに実技ができてもテストの点数が悪いと高い内心を得ることができません。



このエントリーをはてなブックマークに追加

当たり前だけどできていない内申を上げる方法

内申は学校のテストの成績で決まります。
よって、テスト対策をしっかりすれば内申は上がります。学校のテストは、さほど難しくないので、塾にいかず自分で対策することができます。
内申の上げ方
1.授業を集中して受ける
授業中は先生の話を聞くだけでなく、考えながら聞きましょう。
これをするだけで後の復習が数段楽になります。

また、黒板に書かれたことをすべてノートに写す必要はありません。
自分が重要だと感じたところや先生が口頭で言ったことをメモしましょう。
そちらのほうが遥かに記憶がはっきり定着します。

2.復習をしっかりしよう
よく予習・復習が大事だと言われてます。
しかし、予習は授業前の数分間で教科書を読むだけで構いません。

復習でやるべきことは、実際に問題を解きましょう。
実際に問題を解くことで自分が分かること・分からないことがはっきりします。

そして、その分からない部分を教科書や先生に質問して解決しましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

1 2 3 4 5 6 24

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map