インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

テストの成績と先生からの評価

まず内申を上げる為に、まずはテストの成績を上げます。テストで高得点を取る為に、授業中にノートをとる際はただ黒板の文字を写すだけではなく、出来るだけ図も記し、その時に自分で思ったことを余白などに書いておきます。
こうすることで、家でノートを見返した時に、授業中の風景が自然と頭の中で蘇り、復習がし易くなります。
それから、授業中などで分からない箇所や、もう一度教えて欲しい箇所が出てきたら、そのままにせず先生にその日の内に聞いて解消します。
テストの成績の次は、先生からの評価です。ノートの点数や、決められた提出物をきちんと出しているか、授業中にどれだけ発表をしたかなどで、評価が変わってきます。
なので、ノートや課題は丁寧に仕上げ、提出物を全て出す、恥ずかしがらず積極的に発表をするということを心がげておくと良いと思います。
テストの成績と先生からの評価を上げていけば、自ずと内申も上がります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申を決定的に上げる方法とは

内申点。中学高校で特に重要になってくる点数のことです。この記事ではその上げ方について説明していきます。まず、1つ目のポイントは全ての教科をあげようとしないことです。例えば4から5に上げるのと3から4に上げるのでは格段に難しさが違います。もちろん3から4の方が簡単です。つまり、得意な教科はそのままキープもしくは向上させ、苦手な教科の内申を上げようとする方が効率が良く、総合の内申も上がります。2つ目は副教科を大切にするということです。都道府県によっては副教科の内申点の比率が高くなっている所もあるので、副教科も大切にしなければなりません。体育や音楽などはどうしても個人差が出ますが、先生達は生徒の頑張りをしっかりと見ています。なので苦手意識を持っている人も、しっかりと取り組む姿勢を先生に(アピールというのは語弊な気もしますが)見せてください。それによって、必ず結果は報われます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

復習が内申点を上げる近道

内申は学期の終了ごとに通知表が手渡され、この成績を元に、入試の際に学校に手渡されるのが内申です。内申は学校の成績の主要5教科で決まります。学校によって10段階、5段階で評価されます。評価基準は学校によっても異なりますが、主に中間テストと期末テストの点数の割合が大きいです。内申点を獲得するためには成績を上げる事が大事ですが、そのためには定期的に行われる中間テスト、期末テストを制する事が大事です。テストで点数を獲得する方法としては、授業で行った内容の復習がとても大事です。人間は一度勉強したところも復習をしないと忘れてしまいます。何回かに分けて復習をする事で自分のモノとして頭に蓄積できて、入試などでも勉強効率が良くなり、全てにおいて復習は大事です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

テストの点数以外で内申を上げる方法

学校で、成績を少しでも良くしたいのなら、テストの点数はもちろんですが、内申を上げるコツを知っておくべきです。生徒はテストが全てだと思いがちですが、先生も人間です。数字ばかりに目を取られていると、そこに授業へ対しての興味・関心という項目があります。テストで点が取れないのであれば、ここをアピールするのです。
実際、音楽でどうしても音程が取れない生徒も、「どんなクラシック音楽がオススメですか?」「先生はどんな音楽が好きですか?」とたくさん先生に質問すると、その意欲から内申が上がったという例もあります。
先生に気に入られようとまでしなくても良いですが、苦手でもやる気はあるというところを見せるのが上手い子は、内心は1つ上がることがあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申がなかなか上がらない生徒へ!

私は現在大学の家庭教師です。そこまで、頭もよくありませんでしたが、大学進学することができました。私が勉強を頑張ったのは、中学生の頃です。中学生の頃頑張ったので、高校は進学校に進めて、大学に推薦入学することができました。その頑張った方法を今日教えようと思います。わたしはとくに家に帰って、復習することや予習することは、全くしていませんでした。でもそれでも私はほぼオール5に近い成績を出していました。(MAX5)その方法は、授業中にとにかくノートに書き込むことです。人間は書かないとなかなか覚えられないのです。ほとんどの人が板書のことしかノートに書いてないのでしょう。それだけでなく、話している内容もノートに書くのです。そうすると、ノート点も上がりますし、先生の事を聞き逃さないので、テストの点数も上がるのです。試してみてください!



このエントリーをはてなブックマークに追加

副教科は意外と簡単に内申が上がる

中学生だと、どうしても内申は主要5科目を中心に考えると思います。確かに受験に必要なのは副教科ではありませんからね。しかし、内申点は高校にすべて送られます。5教科のテストにプラスして、9教科の内申の合計が考慮され、それによって落とされることも珍しくありません。
教科すべきは副教科の内申です。これは抜け落ちている人も多く、蔑ろにして受験生になってから後悔するパターンが増えています。少し頑張れば簡単にあげられるはずなのに、重要度が低いと考える人はもったいないことをしています。
期末試験になったら、とにかくテストの点数を上げましょう。暗記がものをいう科目が多いので、出題される範囲を確実に仕上げれば、内申に強い生徒になれます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申を上げるためのノート作り

内申の上げ方はノートを取る時の工夫が必要です。写真を貼り図を描くことでノートの点が上がり内申の向上に繋がります。ノートを工夫する事は時間の無駄になってしまいますが、もうワンランクの向上を目指すためには写真を貼ったり図を書いたりする事で見やすくなり点数アップに繋がります。人が物事を暗記する時に文章で暗記することに加えて写真や図などのイメージで暗記するとより正確に早く暗記する事ができます。手間がかかるノート作りですが、工夫によってより頭に入りやすく勉強にとってもメリットが多くあります。内申点を上げるにはノートを綺麗に書いて、色をつける事でさらに相手に見やすいように工夫に繋がり内申点の向上に繋がります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申点が上がる勉強法!

内申点は国公立高校受験にも重要ですし、それこそ小学生でもこれから中学でやっていくために重要な指標になりますよね。どうやったら内申点が上がるでしょうか?今回は私が行なっていた勉強方法を紹介したいと思います。

1. テスト勉強は最10日前くらいから
内申点をあげるのに一番いいのは、日頃の授業態度に加えてテストで高得点を取ることです。そのために勉強するには、遅くとも10日前から着手するといいと思います。それより短いとテスト範囲に対応しきれないし、もっと前からだとダレてしまいますし、テスト直前までの勉強スケジュールが組み立てにくいので10日がちょうど良いのです。ただしこの10日間は集中して、平日は一日3時間、土日は9時間以上勉強に取り組み、組んだ勉強スケジュールを絶対に守るようにします。

2. とにかくテスト範囲の教科書を読む
テスト範囲は最初に与えられていると思うので、教科書を読むことをお勧めします。ノートでもいいのですが、ノートはどうしても断片的になりがちです。数学でも社会でも、一からすべて過不足なく記載されている教科書をしっかりと理解するところから始めると勉強がスムーズにいきます。
教科書でわからないところがあったらノートを見て、そして理解してから学校の教材や市販の問題集などを解くようにします。問題を解き始めると弱いところが見えて来ますので、そしたらまた教科書に戻ります。それを10日間のうちに繰り返すと、びっくりするくらいテストで点が取れるようになっています。

【まとめ】
・内申点をあげるには授業態度とテストの成績から
・テスト勉強は10日前から始めて、教科書を中心とした勉強をするとテストで柔軟に対応できる
以上です。みなさまの良い勉強ライフを応援しております!



このエントリーをはてなブックマークに追加

暗記科目で点を稼いでいく

内申点を上げる方法を書くのもおこがましいですが,自分が経験したことや自分の子供達にアドバイスしたことを書きます。

5科目に関してはやはりテストの点数が大事になります。苦手科目はあるかもしれませんが,中学生くらいだと暗記でカバー出来ることが多いです。社会や理科などは暗記中心になります。他の教科も授業をしっかり聞いたりすることで,その先生が出す問題傾向がわかってきます。時間がない時はとにかく暗記科目で少し集中して暗記をすれば前日か当日の朝の30分で10点以上は上がります。人と差をつけたい時には赤線や太字以外の資料集などをチェックします。そこから出題されることがあるのでお勧めです。

専科に関しては,その人の持っている得意不得意なものがあると思います。でも不得意な場合はこれもまたテストの点数で稼ぎます。本来なら2か3のものを3か4に持っていくことは可能です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申点を上げるには苦手克服と積極的な行動力と発言力

内申点は簡単に上がるものではありません。学校生活の態度や勿論学力を上げる事やクラブ活動や部活動そして役員などさまざまです。その前に体調を整えることです。人間は体が資本です。 さて、学力を上げるにはまず苦手科目を絞る事です。そして、教科書をめくり思い当たるところをチェックする。実際に問題を解いてみる。ダメなら再度チェックする。そのまま先生に質問する。個人的にきくのが良いです。勉強は解く問題が全体の20%暗記が80%だと思います。ですから、暗記が一週間で4日間解く問題が2日間あと1日は休みです。1日の配分は2時間くらいです。詰め込みは良くないです。友達との交流と家族との交流は結構大事です。では、計画を立ててみましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

1 2 3 4 5 6 21

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map