インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

公立高校を受験するならこれしかない!? 【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

私の必勝法は、とにかく公立高校に合格したかったら

過去の出題された問題集を何度も何度もといてみることです!!

 

やはり出題傾向がなんとなく感覚でわかると思います。

こじ付けでの暗記でもいいです。とにかく繰り返しやってみる。

もうこの季節時間が無いと思われる受験生も、チャレンジしてみてください!

 

こんな言い方は、してはいけないかもしれませんが、基礎は、勉強できないかもしれませんが

とにかく合格するのが先決なので、実際の問題に慣れることが一番大事だと思います。

 

私もその当時、合格できるとは思ってなかったなのですが

たまたま最後の2ヶ月勉強をみてもらった家庭教師の先生にこの方法を教えてもらい、見事合格できました!!

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

東京大学勉強方 いしちゃん先生の受験合格体験記

私は現在、東京大学4年生です。私立高等学校受験し合格という切符を手に入れました。合格までに至る経緯を説明したいと思います。中学1年の時から常に県内でもトップの高校に入学したいと思い、席次も上位にキープしていました。塾には入っておらず、進研ゼミと学校の課題を中心に勉強を行っていました。中学二年で成績が下がり、親に心配をかけました。しかし、塾には入らず、進研ゼミと学校の課題で勉強していました。夏休みに二週間ほど、夏期講習に参加しました。中学三年に地元の塾に入りました。その頃、高校受験を目指し塾では県立の高校入試の勉強、家でほぼ独学で勉強してました。わからない問題は学校の先生に聞いたりしていました。過去問を9月頃に手を付けコツコツと取り組みました。そして、無事に入学することができました。




このエントリーをはてなブックマークに追加

佳子先生の高校受験勉強方法 インターネット家庭教師

高校受験は、ほとんどの人が受ける試験です。
進学校や普通校など様々な分類がありますが、私は、進学校を受験しました。どのような勉強方法していたかというと、週に2回ほど塾に通い、英語と数学に力を入れていました。家では、通信教育を受けて、模擬テストなどを受けていました。
夏休みと冬休みは、講習に通い、万全の対策をしていました。
とにかく、出る範囲が決まっていたので、ひたすらテスト形式のものにトライしていき、わからない点や間違ったところは、調べてもう一度解いてみるの繰り返しをしていました。
ある程度出来るようになってきたら、色々な模試を受け、自分がどれだけの実力があるか試してみました。
高校受験勉強は、反復である程度補えるので、あとは、本番でやってきたことをどれだけ出せるかが、勝負の決め所だと思います。

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ


このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声 東京都 豊島区 K・Sさん インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

息子が昨年勉強した方法は壁に張る方法です。

この春息子が進学高校に合格しました。

数学系は得意なのですが、暗記が苦手だった息子の勉強方法はとにかく壁に張ることです。

A4サイズの紙に暗記するものを書いて張っていきます。社会、理科、などおぼえるものがたくさんある教科には効果抜群でした。

最初は自分の部屋に張っていましたが、どんどんリビング、最終的にはトイレまで張ってましたね。

受験までの辛抱だと思い許可しました。

毎日見えるところに張るのがポイントです。ごはんを食べながら、トイレに座りながらなんとなく眺めているだけでも頭に記憶されていきます。

重要な暗記ものは決まっていますので、あとは覚えるだけです。これをずっと続けていきました。

 

暗記はこれでバッチリでしたよ。

あとは過去問を解くことですね。

 

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ



このエントリーをはてなブックマークに追加

1ヶ月1周するインターネット家庭教師の勉強法 【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

1ヶ月1周するインターネット家庭教師の勉強法について

聞いたことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私たちが、実際に教えていてとても効果があった勉強法について

今日は書きたいと思います。

それは、「1ヶ月1周するインターネット家庭教師の勉強法」です!!

お子さまのレベルにあった問題集を選びまず1ヶ月で1週するといった勉強方です。

 

もちろん「1ヶ月問題集を1週なんて無理だよ」といった声を

聞くこともあります。

 

「1ヶ月1周するインターネット家庭教師の勉強法」は1週目で全部理解しようとするのではなく

最低問題集を6周しましょうといったことを前提にした勉強方です。

 

ですから1週目で問題集全部を理解する必要はありません。

そもそも1週目で問題集すべてを理解したり覚えたりすることはできません。

 

問題集は3週目くらいから急に理解できるようになってきます。

ただ3週目でも7割くらいの理解度といったことが多いようです。

 

しっかりと理解するには最低6周必要です。

6周の目処は3ヶ月で6周が良いでしょう。

3周目以降はどんどんスピードを上げていきましょう!

 

1年かけて6周しても前回やったことを忘れてしまいます。

問題集をやるときは集中して繰り返しやることが大事になります。

 

是非試してみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

難問を解けるようになるコツ【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

難問を解けるようになるには

簡単なコツがあります。

今まで解けなかったものがコツをつかむことによって

解ける自信が付くでしょう。

自分にはどうしてもできなかったことができるようになる

喜びは苦しんだ分だけ大きいですよね。

難問を解けるようになる簡単なコツを紹介します。

①解ける人に教わる。

↓解ける人が回りにいない。または聞いても理解できなかった。

②教科書・参考書・本で調べる。

↓解る本が回りにない。または見ても理解できない。

③ネットで調べる

↓ネットでも検索できなかった。また見ても理解できない。

⇒解けるまで①②③の繰り返してください。

このルーティンを5週もしていれば

きっと誰かがもしくはあなた自身が答えを教えてくれるようになります。

最後まで諦めないでがんばってください!

 

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ



このエントリーをはてなブックマークに追加

眠っている能力【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

あなたの中に眠っている能力は

文字通り一瞬にしてあなたの人生のすべてを

変える力を秘めています。

あなたの能力に周りの人も

あなた自身も気づいていないだけかもしれません。

人は脳の5%程度しか使っていないと言われいています。

あなたの能力信じて自分のやりたいことにチャレンジ

しましょう。

 

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ



このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強計画の立て方について【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

勉強計画の立て方について意外と計画を立てずに勉強している

お子さまが多いことに気づきました。

 

受験勉強では、現時点から、入試本番までの計画を立てます。
最初、長期・中期・短期の計画に分けて作成すると良いでしょう。

 

受験計画を立てる際に、第一志望の学校を決めて、
そこに合格するためにやるべきことを、決めていくと良いと思います。

 

何回も受験を経験している人ならいざ知らず、
初めて受験に臨む、現役生にとって計画無しで勉強するのは難しいと思います。

 

そういった場合、一年間の計画をいくつかのセクションに分割して、比較的短いスパンで
計画を作成するようにすると、やりやすいんじゃないかと思います。

 

私は、一年間を長期・中期・短期の3つのスパンに分割して
計画を作成することをオススメします。

 

ここでいう、長期は3ヶ月、中期は1ヶ月、短期は1週間です。
一年を長期スパンの3ヵ月で分割して、
その長期スパン3ヶ月を、中期スパンの1ヵ月で三つに分けます。

 

そして、1ヵ月を短期スパンの1週間で四つにわけて、
各スパンごとにこなすべき作業量を決めていくわけです。
一年には、夏休みや冬休みという特殊な期間も含まれるので、
そういったものも考慮する必要はありますが、

 

こういう風に細かく分割することで、長い期間の計画を立てるのになれていない受験生でも
比較的簡単に、受験計画が作れるようになると思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

この子、本当にやる気がない……【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

自分の子どもに「この子、本当にやる気がない……と思ったこと

ありませんでしたか?

 

「ちょっと! 宿題やりなさい!」と言っても、「は~い……」
と一応は答えるのに、30分たって見てみると、まったくやって
いなかったり、「塾に行ってみない?」と誘いかけても、「めんどう~」「無理」と返答されたり……。

 

子どもとそんなやり取りが続けば、「この子、本当にやる気がない
……」「いつになったら本気を出してくれるの?」と思ってしまう
のも、無理はありません。

でも、それは、間違っています。
そう感じてしまう理由のほとんどがもとをただせば「親の勘違い」
にあるからです。

この「勘違い」に気づくと、子どもは変わります。

 

自分の頭で「どうすればいいか?」をしっかり考えるようになります。
自ら進んでチャレンジし、積極的に行動できるようになります。

 

自主的・主体的に生きていける子になるのです。

親子関係もよくなっていき、何より子どもの瞳と表情がキラキラ輝
くようになります。

 

本人が一番やらないといけないと解っています。

ただ何からやれば良いか解らない・・・

 

机に向かい5分でも良いので勉強をする習慣をつけましょう!

60分やって1ヶ月やらないより毎日朝5分でも机につき勉強をする習慣をつけてください。

 

まずできることから漢字でも算数の計算でも

本人ができることからはじめ、一緒にできたことを親子で共感してあげてください。

 

子どもが勉強をやってて良かったと思うことは

親が喜んでいる姿です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

塾の選び方【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

新年度に向けて、これから塾探しを予定されている方がいらっしゃると

思います。そこで、今回は、『塾選び』についてのお話しをします。

 

ほとんどの塾は、学期途中での入塾が可能ですが、一部の塾は、途中入塾を受

け付けていないところもありますので、ご注意ください。

 

入塾時期について少し触れておきます。

切りのよいところでは、新年度(4月)からのスタートがスムーズです。

 

塾選びの大事なポイントは3つです。

①子どもの目標を達成できるか。

②子どもが楽しみながら続けることができるか。

③授業料金が適正価格か。

 

 

受験の結果で、人生が変わります。

しかし、その結果で人生が決まるわけではありません。

受験は、長い人生の1つの節目に過ぎないのです。

 

誰もが初めて経験する試練の場で、これから先を生きていくための様々な経験

をして欲しいと思います。

 

受験を乗り越えるための秘訣は、

受験勉強という日々の家庭学習の中で、小さな失敗(失点)をたくさんして、

それを一つずつ克服していってください。

 

そして、最後の入試で、大きな成功を1つ勝ち取ってください。

間違えた問題をそのままにしない、これが受験を乗り越えるための秘訣です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map