インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

学校の内申点を上げるために必要なこと!?

内申点とは学校の成績のことです。

学校の成績を上げるためには2つの要素があります。

 

1つは定期テストの結果、もう1つは普段の授業態度です。

授業態度は、授業中に私語をしたり立ち歩いたりしていないか、きちんと発表をしているかなどです。

 

意外とウエイトを占めるのは提出物です。

定期テスト後に指示されるワークブックなどの提出物は

出さないことで点数が大幅に下げられてしまいます。

 

本来提出物はテスト勉強用に指定されるものですが

最近はテスト前1週間くらいでは終わらない量が出されるようです。

 

テスト前でなくとも、授業で習ったことはそのままその日にやってしまうことが大事になります。

相した準備で提出物に追われることがなくなり、なおかつ復習ができるので定着率も上がり結果テストの結果もよくなる。

内申点を上げやすい環境が整うことになります。


受験で大事な内申評価の上げ方には秘密がある!?

受験で大事になってくるのが、テストの結果と授業態度などを

元に評価される内申点です。

 

今回はその内申点の上げ方について。内申点というのは

学校で行われる中間テスト、期末テストの結果+授業態度や授業の出席日数などを元に決められた点数の事です。

 

受験では大事になってくるのですが、特に高校受験では大事になります。

なぜなら各高校の教師はただ単に勉強が出来るだけの生徒を求めているのではなく

素行も含めて合格させたいからです。

 

そのために内申点があるわけで、裏を返せば授業中や学校生活の中で教師に

自分の良さをアピールすることが大事です。

授業態度と授業理解度の両立が大事です。


勉強を習慣にして成績を上げていきましょう!!

中学生は自分の内申や成績は気になるものです。

内申を良くしたいと考えるなら部活動には参加しておいた方がいいでしょう。

 

何もしていないよりは何でもいいので部活に入って活動しておく事は

損にはなりませんし印象も良ります。

 

成績は当たり前ですが勉強をすれば上がります。

勉強する事を習慣にしてしまうのが大切でしょう。

 

とにかくこの時間は勉強をすると決めてしまうのです。

習慣にしてしまえば苦にはなりません。

勉強の具体的な方法としては問題集を多く解きましょう。

 

一冊の問題集を何回も解いて理解を深めることが重要です。

難しい問題集ではなくてもいいので数多く問題をこなすことが大切です。

 

勉強を習慣にして決めた時間に問題集に向かうのが成績を上げることに繋がります。


中学生の内申書の上げ方について!

中学生や高校生は、学校の成績表が内申書となって受験の時に

影響を及ぼすことになると思います。

 

受験で良い結果を出すために、内申書を上げたいと思う人も多いと思いますが

 まず、中学や高校で行なわれる定期試験で一生懸命に頑張り

それぞれの試験を丁寧にこなしていって、成績表の評価を上げるということが考えられます。

 

期末試験などは、学校で習った教科書を中心として出題されることが多いですから

その内容を予習復習を丁寧にすることから始めて、試験直前には試験勉強を一生懸命頑張るようにします。

 

試験のおおよその日程はあらかじめ分かっているでしょうから

その日から逆算して、試験日には試験の準備が十分できているように、きちんと計画を立てて勉強するとよいでしょう。

 

また、学校での部活動など成績以外の評価も良くなるように

きちんとした活動をするように心掛けるということも大事な要素になります。


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map