インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

受験が近づいているのにやる気がでない!?

10月といえば、夏休みもおわり、受験が近づいてきたとよく実感できる時期です。多くの受験生は、夏休みで思い切り助走をつけ、10月などという時期は受験めがけて全力疾走をしている時期ともいえます。

 そんな時期になっても、いまいちやる気が起きないという人もいます。わかってはいるけど出来ないという場合です。

 

 

このような時は、多くの場合はメンタルのどこかに原因を抱えているものですから、強制的に取り組むのは逆効果です。心配になる親もいるでしょうが、もっともいけないのは「他の受験生は夏休みから勉強しているぞ!」といって煽るようなことです。他と比べられると「他の皆はもうこれだけ勉強しているのに、自分には出来ていない。今頃やってもできるはずがない」というマイナスのメンタルが働き、一層勉強が出来なくなってしまうのです。

 

 

 

やらなければならないのに出来ない、というメンタルの裏には「どこからやったらいいか、なにをやったらいいか、どうやったらいいかわからない」という問題が潜んでいる事があります。そのようなときには、基本問題に徹底させるのが最善の勉強法でしょう。

他の受験生は受験のための応用問題をバリバリ解いているかもしれませんが、そんなことは関係ありません。応用問題はそれを練習する労力に対して出題される問題は少ないため、時間対効果は低く、基本を完璧にこなせる生徒が余力でやるものです。ですから、現状で応用問題に進めていない事をそれほど焦る必要はありません。

 

 

基本を網羅した問題集を買ってきて、基本問題のみを練習していきます。問題数が多いと感じる箇所があれば、「偶数番号の問題だけ」「奇数番号の問題だけ」というふうに解いてもかまいません。とにかくもう10月ですから、少ない時間で大きな効果がある勉強法が大切なのです。基本問題が解けないときには参考書を使いながら基本をマスターします。

分からない箇所がわからない、どうすればいいかわからないというメンタルが原因でやる気がなくなっていたのですから、分からない箇所が明確になり、解消されていくと、やる気も出てきます。学習効率も上がってくる事でしょう。

 

大切なのは、他人と比べないこと。応用問題は最悪できなくてもかまいません。とりかかりやすい基本問題をこなしていくことによって、7~8割の点数をとることを目標にしましょう。


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map