インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

意欲・態度と日頃の反復練習

内申を付ける際、テストなど点数で見えるような結果で

判断する項目もありますが、通知表などではテストの点などによる

授業の理解度のみでなく、授業に対する「意欲・関心」の項目があります。

 

勉強には自信がないけれど内申を良くしたい場合には

まず「意欲・関心」の項目の改善に目を向けてみるのも一つの手ではないかと思います。

 

具体的には授業内での発言、提出物の忘れものを無くす

そして最も有効なのが「分からない部分があれば出来るだけ早めに先生に質問する」ことです。

「質問する」ことで授業に対する意欲・関心を先生に示すことが出来るのみでなく

実際に自分の学びにとっても大きなプラスになるからです。

 

 

「意欲・関心」が一つの項目としてあることは事実ですが

やはり授業への「理解度」が内申などの評価の大部分を占めているという事も事実です。

 

では、内申を良くするためにどのような勉強をしたら良いかというと

おすすめなのが「反復練習」です。

 

最も効率の良い勉強方法を見つけてそれを繰り返し行うことで段々と見についていきます。

具体的には、テストの範囲を把握すること。そしてその範囲の勉強を繰り返し行うことです。

 

現在の学校での評価は、前述した意欲・態度の点以外では

定期的に行われているテストなどの点数が指標となっていることが多い。

 

そのため、いかに定期テストでしっかりと点を取れるかが重要となります。

内申のための勉強方法であれば、範囲をしっかりとカバーし

何度も繰り返し学習を行うことが最も有効な勉強方法であるといえるのではないでしょう。

 

ほとんどの学校では教科書以外の補助教材(ワークやドリル)などが配布されます。

その中には頻出問題がたくさん書かれていますし、授業の定着度を知るための

定期テストであれば大きく教科書やそれに準じて作られたワークやドリルから外れることはないでしょう。

 

ですから、早い段階から予習・復習も兼ねてテスト範囲(分からない場合でもある程度の予測を立てて)の

教科書を読みこむ、またワークやドリルを用いた反復練習を行うことで定期テストでは点数を稼ぐことができます。


受験まで時間がないのにやる気が出ない!?

ここではやる気がない場合の対策を紹介しますが、やる気が出ずにこれまで勉強をしてこなかった場合のやる気の出し方については述べません。なぜなら、1月からやる気をだしても、ほとんど意味はないからです。人間、諦めも肝心ということを学び、これからの展望を考える事に時間と体力をつぎ込むほうが、よほど効率的でしょう。

 

 

ここで述べるのは、ここまで勉強してきたにもかかわらず、なんらかの理由でやる気がでないという場合です。多くの場合は受験を目の前にして、嫌でもやる気が出るものですが、わずかながらやる気をなくしてしまう人がいます。考えられるケースとしては、受験勉強開始の時期から今まであまりにも頑張りすぎたせいで、疲れてしまってやる気が出なくなってしまうケースです。多くの場合は、受験までの後わずかの間と思って気合で乗り切ることが出来るものなのですが、やる気が出ないこともあるのです。

 

 

そのようなときには、志望校のパンフレットを眺め、学校生活を楽しんでいるイメージをする、または新しい学校に行ったらやりたかったことをやっているイメージするなどして、志望校への熱意をかきたてるのが効果的です。そして、つとめて「あと○日の辛抱だ、それが終ったら友だちと○○する!」などと決め手、自分を奮い立たせましょう。

それでもどうしてもやる気が出ない(本来ならばやる気があって当然なのに、なぜかやる気が出ない)という場合には、その「やる気を出さなければならないにもかかわらず、やる気が出ない状態」に対する焦りなども生じ、メンタル面で非常によくありません。

 

 

以下は本当にどうしようもないときのみの方法として読んでほしいですが、ドーピングという方法も一つの手ではあります。心療内科でドグマチールという薬を処方してもらいましょう。この薬は焦りを解消し、本来あるはずのやる気が湧いてこない無気力な症状を改善してくれる薬です。

あくまで奥の手、最終手段として考えてください。


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map