インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

勉強の仕方を聞いてみる

勉強が苦手だなぁと感じてるお子さん達も多いので、まず勉強の仕方や理解できない部分はどこかなど、把握するために学習のやり方を聞いてみると、意外と生徒は理解できない問題はそのま飛ばしたり、一度解説を写して理解したつもりで進めることが多いです。なので、自分はどの分野が苦手なのか、それをはっきり本人も理解するため、学習指導から行うべきです。そうすると、勉強のやり方を本人も理解することができ、出来ない問題が出来るようになったなど、繰り返し勉強を行うことで、自然とスムーズに解けるようになり、学力がアップします。家庭教師する場合には、まず生徒さんとのコミュニケーションを取って勉強のやり方を指導することで、質問する内容も具体的にわかるようになり、日々の勉強も出来るようになります。


内申点を上げるには、苦手科目をなくすことが大切です。

内申点を上げる事は受験生にとって、とても大切なことです。高校受験をする上では内申点は合格に大きく影響してきます。
内申点を上げる方法はいくつかありますが、通知表で苦手な科目をなくすことがポイントの1つです。

通知表で、5段階中で1や2があると内申点を下げる原因なります。
苦手な科目でも3以上取れるような勉強することがとても大事です。

苦手科目を得意になる必要ありませんが、簡単な問題はテストで点数を取れるように勉強行うことが大切です。

苦手科目は勉強が疎かになってしまいますが、その科目の中でもテストの中では必ず簡単な問題が出てきます。
簡単な問題で点数を取れるよう、基本的な部分は押さえておくと良いです。

通知表で1や2を取らないために苦手科目をなくす勉強法は内申点を上げる上で大切なポイントです。


内申点を上げる勉強方法は定期試験で出る問題を予測すること

学校の内申を上げるための勉強方法とはどんなものか?実際に内申を上げていくためには、学校の中で行われている授業に関して特に気を遣っていく必要があります。内申を上げるためには定期試験で良い点数を取ることが重要ですが、そのためには各教科でどんな問題が出るか?ある程度予想する必要があるのです。定期試験は授業で取り上げた問題などから類似のものを出題する傾向にありますから、各教科ごとに普段から授業で取り上げる問題をピックアップしておくと良いです。教科書や配られたプリントなどに印をつけておくと良いと思います。そうやって、毎回の授業には定期試験のことを想定しながら臨み、授業を通じて定式試験に出そうな問題をある程度予想して、そういったものを中心に対策していくと、定期試験で良い点数を取ることができ、結果的に内申点が上がるはずです。


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map