インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

効率よく成績を上げる勉強方法

タイトルでは「効率よく」と書きましたが、実際皆さんが想像するような魔法のように成績が上がる勉強方法などは存在しないと思います。ですが、確かに「効率の悪い」勉強方法は存在すると思います。つまりその「効率の悪い」勉強を避けることが、相対的には「効率のよい」勉強といえるかと思います。では、「効率の悪い」勉強とはどんな勉強でしょうか?それは目標や、実現したい結果が定まっていない、もしくは見えていない状態で勉強することです。ここで、受験勉強を例に出しますが、よく過去問を直前期まで「とっておく」方が見受けられます。しかし、これでは最も目標とすべき過去問に手を付けずに勉強することになるので、方針が定まらず直前期にたどり着くまでの勉強の効率は悪くなってしまいます。それに、直前に目標との解離に気づいたところでそれを修正する時間がありません。ここでは受験勉強を例にしましたが、結局勉強の効率を上げるにはその目標物をしっかりと定めることが最適かと思います。


定期テストは日々のコツコツ積み重ねが効いてくる

中学校になると1回のテスト範囲は広がりますので、テスト前に勉強を始めたのでは間に合いません。日々のコツコツ積み重ねがテストで結果を出します。基本的に学校の定期テストは教科書やワーク類の範囲から出題されますので、応用問題のような難易度の高いものはほとんど出題されません。ですから色んなワーク類に手を出すよりも、すでに持っているワークや学校で配布されたものだけで十分勉強をすることができます。定期テストは普段の勉強の理解度を確認すると同時に、点数がダイレクトに内申に影響してきます。3年生になってから頑張り始めても内申には間に合いませんので、1年生の1学期から内申を意識した勉強が大切となるのです。そのためにはひとつひとつの定期テストでしっかりと点数を取ることが、内申を上げるためには欠かせません。


すき間時間を使って学習

勉強をするためのまとまった時間の確保に苦労をしている人は少なくないようです。まとまった時間を確保できないなら、すき間時間を有効活用してみましょう。通学・お昼休み・トイレの中など、わずかな時間を使って学習することができます。わずか数分であっても、単語の暗記や問題1~2問を解くくらいだったらできます。長時間学習をするよりも、細切れの時間を使って学習した方が記憶に定着しやすいという意見もあります。すき間時間を使って学習するためにはそのための準備が必要です。持ち運びやすい英単語帳や問題集などを常に持ち歩いていれば、いつでも学習をすることができます。軽くて小さな参考書や問題集だと持ち運びをしやすいです。


進級・進学をスムーズに進めるために

まず、「内申点を上げるために」という理由で生徒会に入ったり、委員会の類に取り組む人を多く見かけます。確かに、学校行事や活動に積極的な人は評価されやすいですが、組織に参加するだけでは何の意味もありません。その組織の中で一生懸命に尽力し、結果を出し、同級生や先輩後輩、先生からの信頼を得ることが大切です。どれだけ活発に組織に参加していても大して評価されません。逆に、学校内では何の活動もしていなくても、たとえば習い事や地域活動を活発に行い結果を出している生徒は、学校外のことと言えどきちんと先生方は評価してくださいます。「内心を上げるために」何かを行うのではなく、自分のやりたいことに精一杯向かって行くことが、一番、内心の向上に繋がります。勉強法は、個人個人で異なります。ひたすら紙に書いて覚える人、何度も教科書やノートを読む人、パソコンに打ち込んだり問題を自分で作ったりする人、色々な勉強法を試し、一番テストの点数が伸びる方法を見つけることが大切と言えます。


内申点の見落としがちな稼ぎ方

内申点は生活態度やテストの点数で1~5ある点数で評価されていきますが、学校の先生の友達に聞いたところ、副教科(保険体育や美術など)の点数を上げるのも大切だとか。テストの点数を上げるのもそうですが、副教科は跳び箱を高く飛べたから点数が高くなるだけではなく、どれだけ努力したかも点数に響いてきます。たとえば放課後に跳び箱の練習をしたり、歌が下手なら先生にコツを聞きに行ったりと努力しています感を出すことが重要です。先生も人間なので、努力している子に点数を少し高くしてあげようとしてくれます。また、副教科の場合苦手なことを克服する為のコツがネットで調べればいくらでも出てくる時代です。鉄棒のコツや絵の描き方のコツを調べて練習するのもおススメです。


内申を上げるなら提出物は必ず出すこと!

私たちの時代はなかったということも聞きますが、今の中学では定期テスト前になると「提出物」というものがあります。学校から配られるワークなどを指定された日までに提出しなければならないというもので、実はこれが内申に大きく響いています。たとえテストでは100点でも、提出物が出されていなければそこから25点マイナスされるというところもあり、志望校に行けないという結果になることも。よって、テストの点数ばかりに気を取られていると内申は思うように上がりません。きとっと締め切り前にやらなければならないことをする、この社会人になってからも基本となってくることができていないと、いくらテストの点数が良くても内申は明らかに下がってしまいます。


軌跡を残してこそ内申アップと繋がる!

内申とは、努力をして向上心を持ち、絶えずトライし続けることが影響を与えます。
つまり、暗記が得意だから成績が良いだけでは不十分。
きっちりと暗記をするための過程を形に残さなければ意味がありません。
例えば、英単語を覚えるには単語帳を使って思えるだけではなく、自主勉ノートなどに何度となく英単語を書き、練習を繰り返している記録を残し、且つ教師に提出することまでが肝心なのです。
教師が、「英単語を覚えるために、これだけの努力をし、この得点に結びつけた」と評価してこそ、内申アップへとなるのです。
そのため、数学であれば問題集に答えを書き込んで繰り返し解くよりも、ノートに答えを書き、間違ったらそのことについてのやり直しまでが肝心。
このようにわかりやすい努力のカタチこそが内申アップの肝なのです。


内申の上げ方に関して

内申点があまり良くないという場合は、必ず足を引っ張っている科目があるはずです。例えば英語や数学などが常に足を引っ張っている状態であれば、その科目のどの分野が苦手なのか、苦手ポイントを徹底的に洗い出す必要があります。中学,高校によっても違いいますが、もし高校1年の英語の点数があげられないというのであれば、中学の基礎英語まで戻ってもう一度基礎固めをする必要があります。中学英語の文法やボキャブラリーなどを一から確認するために問題集などでおさらいをして徹底的に弱点を補強して行くことが大切です。地道な学習方法ですから時間もかかりますが、この方法は着実に苦手分野を克服することができ、内申点も自然にアップしてくるはずです。


内申の上げ方について

内申を上げるのに必要な考え方について必要なことを2点書いていきます。
1つ目は、上げやすい教科と上げにくい教科についてです。
極端な例ですが、例えば既に5が付いている場合、どんなに頑張ってもこれ以上上げることはできません。かといって手を抜くと下がってしまうので、勉強しなくて良いという意味ではありませんが。
上げやすい教科は、ズバリ1学期に点数をとっているが評価が低い教科。
79点で3がついている場合など、もう一踏ん張りで4にできると思います。
逆に40点で3がついている場合などは、4にするのは至難の技です。
このように、上げやすい教科を絞って勉強時間を調整するのが大切です。
2つめは、評価はテストの点数だけでは無いと言うことです。
特に副教科は、この傾向が強く、提出物であったり授業態度の影響が大きくでます。
上げやすい教科をよく考えて、勉強時間や作業時間を、その教科に集中させましょう。


内申点を上げながら成績もアップするためには?

受験はテストの点だけで決まるものではなく、授業を受ける態度などの学ぶことに対しての意欲などによって決まる内申点というのも重要なのです。
その内申点を高めるためには、テストの点を上げるのではなく、学ぶための意欲を見せることが必要となります。授業をしっかりと聞く、先生の言葉には頷いたりという小さなアクションを見せたり、分からないことは挙手をして質問すること、提出物は期日内に提出することを意識するなど、学ぶ意欲を見せることが大事です。


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map