インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

内申点を上げるためにすることは?

高校入学の際に有利となる内申点ですが、内申点を上げるためには、苦手強化を克服することが大切です。いくら得意強化があっても、苦手強化があると内申点が下がり、平均点が下がります。そこで、内申点を上げられるように、苦手強化を徹底的に克服することが一番です。英語学習が苦手なら、英語を集中的にします。リスニングが聞き取れない場合、何度も何度もリスニング対策をし、英語脳になれるようにすることが必要です。そうすれば、苦手のリスニングを克服できます。もしどうしてもリスニングが聞き取れない場合であれば、リーディングに力をいれ、英語で平均点を取れるようにするのが良いでしょう。平均点を取ることができれば、内申点で不利にならないのです。


内申点を上げるコツ

中学受験、高校受験の際は内申点を重視する学校も多いと思います。受験を有利に進めるため、内申点を上げるのに役立つコツをお教えします。まず、何よりも重要なことは提出物です。漢字の書取りや指定された問題を解くなど、時間をかけさえすればできる宿題が出されていませんか? こういうものは、基本的にはテストの点数を上げるよりも簡単にできますし、内申の評価項目となっていることがほとんどです。テストで失敗したとしても、提出物をしっかりやっていれば、ちゃんと勉強したことが先生方にも伝わります。次に重要なことは授業態度です。客観的に判断できる指標として、挙手と発言の回数をチェックしている先生方もいらっしゃいます。この授業では最低一回は発言する、など決めてできると良いでしょう。


学校の勉強がどのように仕事で役立つか想像してもらいましょう

生徒の勉強のやる気を引き出す方法は、学習内容そのものに興味を持ってもらう、小テストなどで達成感を継続的に得られるようにする、など色々とありますが、その中でも「なぜ勉強が必要なのか」という素朴な問いに適切に答えることも、重要なポイントかと思います。生徒たちは皆、親や先生から「勉強すれば良い大学に入れて、良い会社に就職できるから頑張りなさい」と口を酸っぱくして言われています。しかし、大半は「大人は皆そう言うから、そういうものだ」くらいにしか受け止めておらず、実感を持っていない子供たちが多いように思います。一方で、社会人を経験した大人から見ると、例えば技術職でエンジニアをするなら数学や理科の基礎は必須ですし、営業や渉外業務をするなら国語や英語の能力が重宝されるというのは常識です。そして、少なからずそういった能力が、学歴や資格の有無といったフィルターを通して採用時の審査対象になり、給与水準にも影響しますし、そういった能力を必要としない「誰でもできる仕事」は、概して給与水準や雇用安定性が低いことも知っています。つまり、生徒たちには「勉強すれば良い会社に入れる」と木で鼻をくくったような説明をするだけでなく、就労経験がなくても上記の労働市場のメカニズムが理解してもらえるように、具体的に説明することが重要なのです。例えば、生徒が興味のあるテーマを選んで、「PCゲームを売る会社を作るとしたら、どのような人を集めないといけないか」といった問いかけを行い、数学が理解できるプログラマーが必要だ、国語や英語ができる営業担当が必要だ、といった話をするのが良いでしょう。そして、あなたが社長だとしたら、そのような能力がある人とない人が応募してきたら、どっちを採用する?どっちに高い給料を払う?と問いかけていくことで、今まで単なる呪文だった上記の「親や先生の決まり文句」に実感が伴い、将来の自分事として勉強のモチベーションにもつながることが期待できます。そして、個々の科目、単元を教えるときも、それが社会のどのような仕事に活かされているかを説明できれば、各々の単元も丸暗記でなく、実際役立てるためには何を理解しないといけないか、という発想での学習につながっていくはずです。もちろん本音と建前はあって、学校の勉強の中にも本当に社会で役立つのか疑問だったり、ほんの一部の職種でしか必要としないような内容もありますし、一筋縄の説明ではいかない単元も多いです。ですが、そこを上手にデフォルメして生徒に伝えていくことも、教師の腕の見せ所だと言えるでしょう。


内申点をできるだけ早く上げる勉強法

受験のときには、試験だけではなく内申点を上げることも大切です。そして、そのためには勉強法を見直すことも必要です。
まず大切なのな授業態度です。
教師が見ているのは、結果だけではなく、結果に至るまでのプロセスです。
単に成績を上げるだけではなく、成績を上げる努力をすることです。そのためには、授業の内容で気になること、わからないことがあれば、どんどん先生に質問しましょう。
授業中が難しいなら、授業以外の時間でも大丈夫です。とにかく、授業に対して前向きな態度が大切です。
そして、もう1つ重要なのはノートの取り方です。
わかりやすく書くことも大切ですが、自分なりの工夫をすることも点数アップに繋がります。
図を効果的に使ったり、グラフを応用したりなど、教科書や参考書通りではなく、自分なりの個性を出しましょう。
内申点を上げるためには、どのように努力しているかを見せることが重要なのです。


予習復習をして授業での発言に繋げる勉強方法

内申点を上げるには、どの教科においても授業中の発言が大切です。その中でも特に教諭たちに好印象となるのが、「予習」していないと答えられない内容の質問に対して、回答することです。もちろん以前習ったことは、確実に答えることが大切なので「復習」も欠かせません。予習に関しては塾に通っている生徒は、講師がピンポイントで受講生に教えることが多いのでその点はしっかりと頭に入れておきましょう。自力で学習している生徒は市販の教材でも教科書には載っていない重要事項も記載されているので抑えておきましょう。インターネット上で無料公開されている問題を下調べしておくと、より良いです。また教師によって質問の出し方の傾向が分かってくるはずなので、日々リサーチしておくことも発言に繋げるための大きなポイントです。とにもかくにも発言は内申点の向上に必要不可欠なので、予習と復習は毎日必ず行いましょう。


復習が重要

学んだことを記憶に定着させるためには復習が必要です。一度文章を読んだり、一度だけ問題を解いただけでは覚えることは難しいです。何度も何度も繰り返すことで記憶に定着します。草むらを同じ場所を歩き続けることで轍ができることに似ています。アウトプットをすることで記憶に残りやすくなるので、復習の際には問題集を使います。この問題集は同じものを繰り返し使用をします。何度も同じ問題を解いていると「もう答えを覚えてしまった」となりそうですが、やってみるとできていないところがあるものです。できていないところを重点的に行うようにします。同じ問題集を使うことで、どこができているのか、できていないのかが明確になります。


不得意教科に着目した内申を上げる勉強方法

内申を上げるためには、不得意教科が平均まで届くように勉強するのがおすすめです。せっかく得意教科で高得点を叩きだしても、不得意教科が足を引っ張ればプラマイゼロになってしまいます。それではもったいないので、不得意教科が平均まで届くようにまず勉強します。大切なのは、不得意教科について基礎から理解することです。基礎から段階的に少しずつ勉強していけば、そう簡単に躓きません。ですから授業の予習復習は欠かさず行うべきですし、基礎的な勉強を大事にすればとりあえず平均までは届くはずです。不得意教科でそれだけの学力が身についたら、あとは得意教科を伸ばす勉強に切り替えます。不得意教科の点数をアップさせることで、自ずと内申が上がりやすくなります。


内申点をあげるために必要な勉強法とは?

受験に向けて内申点をあげたいと思っているものの、具体的に何をしたらいいのかわからないという方も多くいるかもしれません。難しく考えてしまう方もいますが、基本的には成績優秀で態度などに問題がなければ内申点が低くなるということはないのです。そのため普段の勉強にしっかりと力を入れるということが、内申点をあげるための基本的なステップの1つです。

少しでも内申点を高めたいと考えているなら、そのために必要な勉強法をチェックしてみるのも1つの手です。例えば国語のテストであれば、選択問題より書き問題の成績が高いほうが内申点に良い影響を与えやすくなります。また提出物なども大切な要素なので、宿題などはしっかりと行うということも意識して勉強を行っていきましょう。


内申点のあげ方

内申点は公立校を受験時に大きく影響し、一般的に公立校の入試は当日テスト点数プラス内申点を何倍かしたもので決まります。合計点しめる内申点比重は高校により大きく異なり、どの高校でも内申点がとても大事なことは変わらないです。私立校入試の内申点扱いは様々で、おおくの私立高は内申点考慮しないでと実テストだけで合否きまります。そして私立、公立でも推薦入試は内申点プラス面接の点で合格決まる高校が多いです。こうして内申点は入試に大きく影響します。また、各教科評点を単純合計した値が素内申といい、受験はこれがそのままつかわれるのではなく東京都立校は副教科の内申2倍したものを受験で使います。こうして高校により内申点使われ方に違いあります。


気になる数値

内申点は高校受験控える中学生にはとてもきになる数値ですが、通知表にある5段階で評価される数値であり中間テストなどの得点だけでなく、日々の取り組み方も評価対象になります。内申点は入試時に、調査書として中学校から受験先の高校に提出され、調査所は内申点中心に3年間総合的に評価した勝利です。ここで使われる内申点は9教科すべての数値合計したもので、素内申と呼ばれます。そして、学力試験実施しない水栓受験は調査所、面接、集団登録などで評価され、その中で調査書の評価は合否判定5割占めるのです。そして推薦受験の合否は内申点大きく影響します。そして内申点は一般受験にも影響し、東京都なら、ほとんどの学校が学力試験特典と調査書7:3の割合で評価し合否判定します。


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map