インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

内申点を上げながら成績もアップするためには?

受験はテストの点だけで決まるものではなく、授業を受ける態度などの学ぶことに対しての意欲などによって決まる内申点というのも重要なのです。
その内申点を高めるためには、テストの点を上げるのではなく、学ぶための意欲を見せることが必要となります。授業をしっかりと聞く、先生の言葉には頷いたりという小さなアクションを見せたり、分からないことは挙手をして質問すること、提出物は期日内に提出することを意識するなど、学ぶ意欲を見せることが大事です。


一番内申点を上げる近道

内申点を上げる近道は授業をしている時の授業態度を良くするのは一般常識なのかなと思いますが、他にも先生に言われた提出物も忘れず出したり、率先して学校の事をしたり、部活や倶楽部活動を頑張ったりと、簡単に言えば学校での生活態度が「きっちり・かっちり」していると内申点はあがります。一番内申点に響くのは、定期テストの点数です。
なので、テストは少しでも点数が上がるように毎日の勉強は真剣に聞き、テストに出そうな場所は先生が言ってくれるので予習と復習をして、友達と何処がテストに出そうか話すのが良いと思います。
友達と話すのは以外に効率がよく、一緒に勉強するのではなく、勉強の記憶の仕方やどこがテストに出そうかなどを話すと記憶に残りやすいです。
教えてもらうのも効率的でおススメです。


内申書は課外活動で上げていく

内申点と似ているけれども全く異なるものに内申書があります。内申点と同様に入試では重要な書類のため、内申書でもよいことが書かれていると入試のときにはプラスに働きます。
内申書の評価でポイントになるのが課外活動です。代表的なものが児童会や委員会、部活といったようなものです。こうした活動において代表を務めた経験や優秀な成績を収めた場合には内申書に記載されることになります。また、学校外で取得をした資格(英語検定や漢字能力検定など)のレベルも内申書には記載されていることが多く、他の受験生との比較で利用されます。
一般入試ではなく、推薦入試での入学を考えている場合には学力テストでの差が開きにくいので、内申書の内容が重視されます。


内申点を上げるなら定期テスト対策

入試において気になる点数が内申点です。学校の先生がつける内申点は、通常の学力とは点数の計算方法が異なります。
では、内申点対策は、どのようにするのでしょうか。
ポイントになるのは普段の定期テストです。学校によって若干異なりますが、内申点のウェイトとの多くを占めているのが学校で行われている中間・期末テストです。学力テストも多少加味されるところが多いですが、内申点の場合、単元ごとの到達度を評価するようになっているので中間・期末テストでよい点数を取ることが大切になります。
技能教科でも同じことが言え、どんなに高い技能を有していてもテストで点数を取ることができないと高い内申点を得ることができないことは知っておきましょう。


学校の内申点を上げる方法

まずはじめに,内申点とは何か見てみましょう.内申点とは主に高校受験で非常に重要な要素となってくる点のことです.高校受験の合否は受験日当日に実際に受けた試験の点数と,生徒の学習態度や生活態度を記録し,点数化した内申点の合計によって決定されます.この内申点の扱いは都道府県別に差があり,中3のみを使用するところや中学生活全ての点を使用するところがあります.また,副教科の倍率が高いことが多いです.なので内申点を上げるためには中3だけ頑張ればよいのではありません.中1のときから課された提出物は必ず期限通りに提出すること,真面目にテストを受けたり,部活動を活発にすること,副教科を疎かにしないこと.これらを正しくきちんと行っていけば内申点は必ず上がるでしょう.


友達を大事にして内申を上げる?

内申を上げるにはまずは友達のことを考え行動することが大事です。内申を上げることだけ考えて友達の立場を考えないのはよくないのです。最終的に友達から孤立して内申を上げるどころでなくなる可能性があるからです。内申を上げるには、実力で上げるのが正解です。テストでちゃんと点を取っていれば、おのずと結果に表れます。本当に理解した勉強をやっていれば内申は取れます。これは、先生をバカにすることでもありません。先生から教えられること以上のことを動画サイト等で予習できる時代ですが、「勉強になりました」と答えましょう。決して、取り入れます等と答えないようにすることが大事です。人間関係を考えることが出来て勉強をきちんとやっていれば内申は付いてくるものです。頑張ってください。


内申点を上げる方法

学校の内申点を上げるには、まず第一に、当たり前のことをきちんとこなすことです。忘れ物をせず、宿題やノートの提出期限は必ず守りましょう。そして、やる気をアピールします。授業中は積極的に手を挙げる、分からないところを質問しに行く、など日頃から頑張っている姿を見せると、先生に好印象です。更に上を狙うのであれば、生徒会に入ったり、委員会やボランティア活動などがオススメです。部活動で成績を残すのももちろん素晴らしいことですが、勉強とスポーツの両立は結構大変です。内申点を稼ぐというと聞こえが悪いですが、要は学校生活を積極的に楽しんでいるかということです。もしどうしても自分は不器用でうまく立ち回れない、というなら、内申点は潔く諦めて、勉強やテストに集中した方がいいかもしれません。


勉強の方法で内申点を高める

テストの点は勉強を頑張ると上がりますが、内申点はそうはいきません。塾でどれだけ点数をあげたとしても、志望校に合格することができないという人も少くはありません。それは内申点が低いからだと言われています。内申点を高めるためには、授業態度や生活態度を改める必要性があり、しっかりと授業を聞くという姿勢を意識すること、ノートを取ることなどの当たり前と思われることを行うことが大切です。授業で分からないことは積極的に質問をすることで自身の知らないことがなくなりますし、授業をしっかりと聞いているという印象を与えます。そのため、内申点を高めるためには、授業の質問をすることや発言をして授業に参加をしていることをアピールすることが必要です。


テスト範囲を網羅すること

内申点を上げたいときには、中間・期末テストで高得点を取る必要があります。
では、どうしたら高得点を取ることができるでしょうか。ポイントになるのは、テスト範囲を網羅することです。
中間・期末テストではテスト範囲が定められており、その中から試験問題が出てきます。試験範囲の内容だけでも頭にしっかりと入っていれば点数を取ることができます。また、テストの作成は、基本的に学校の先生が行っているので、先生の出題癖があります。出題傾向をつかむだけでも点数はアップします。
また、テストは作成するときに知識・技能・表現の3つの観点から作成しなければいけません。知識部分は覚えてしまえば点が取れるので、ここを落とさないようにすることが大切です。


学校生活に対する積極的と生活態度が重要

内申の上げ方について重要なのは2つあります。1つは授業に対する積極性、2つめは生活態度です。積極性については、例えば質問に対して自分から進んで挙手をして答えるという行為が一番効果を発揮します。先生方からは授業に取り組む姿勢に対して好印象を受ける事でしょう。また、先生によっては淡々と授業を進めるタイプもいるかと思います。そういった先生に対しては、授業後に積極的に質問をしに行きましょう。それだけで大分印象が変わってきます。もちろん、授業で挙手して答えたり、授業後に先生に質問ができるための予備知識は必要になるので、予想される授業内容に対する予習は授業直前に必ず行わなければいけません。生活態度については、問題を起こさず模範的な生活をしなければいけません。ただ、それだけだと他の生徒と差がつきにくいので、学級委員に立候補したり、生徒会長に立候補するという積極的は欲しいところです。


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map