インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

最初からあきらめてしまっている人【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

みなさん自分が勉強できないのは自分の能力が足りないからだとあきらめていませんか??
今まで私たちが見てきた入塾前のお子さまは最初からあきらめてしまっている人が多かったです。

しかし実際にはそんなことであきらめる必要ないんです。
もしあなたの成績があまり良くないならばそれはあなたの能力が低いからではなく今までのあなたの勉強法に問題があるからなんです。

間違った勉強法ではいくら努力してもあまり成果はあがりません。
勉強の成果は方法によって大きく変わるんです。

もちろん全ての人が同じ能力を持って生まれてくるわけではありません。そしてその能力の差は当然勉強の成果にも無関係ではありません。

しかしこの能力の差は努力とノウハウによってほとんど克服されてしまうのです。逆に言えばもともと能力のあった人でも、間違った勉強方法をしてしまうとせっかくの能力を生かすことができません。

だから勉強法は能力のあるなしに関わらず全てのに人にとって非常に重要になってくるのです。

勉強のやり方を知ることができれば成績は上がります。
1,勉強ができないのは能力が足りないからではなく勉強方法が間違っているから。
2,どんな人でも適切な勉強方法で勉強すれば必ず成績は上がる。
3,試験の点数を上げるだけなら、誰でもできる。


入試直前の対策【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

入試直前期において大切な視点について

お話したいと思います。

 

受験予定校の過去問をたくさん解いているお子さまも多いと思います。

過去問を解いて、採点して、点数を出していると思います。

 

過去問を使うにあたっては「どんな間違え方をしているのか」

は最低限としてはっきりさせてください。

 

過去問をやる上で大事なのは3つ・・・

1.なぜ間違えたのか一つずつ理由をはっきりさせること

2.1回分だけでなく、複数回分で上記と同じことをすること

3.それらの答案から間違えた理由の共通項を導くこと

です。

 

それによって次にどんなアクションを起こしたらよいのかが見えてきます。

何に気をつけるとよいのかが見えてくるはすです。

 

たったこれだけで、すぐに得点になることも多いです。

過去問もやっぱり間違ったところの復習は大事です。


強い「個」とは 【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

強い「個」とは、すなわち「人間として生きる力」です。

 

具体的に言えば、自らビジョンを描き、目標を設定し
自分をモチベートする能力「目標設定能力」その目標達成のための問題を明確化し
知識、情報、他者の協力、そして自らの努力でもってそれを解決する能力
「問題解決能力」自己を知り、自n己を軌道修正、コントロールする能力
「自己管理能力」の三つです。

 

これらの能力が高い次元で発揮された状態を「自立」といいます。
何かを「得させる」ために、おどす、おだてる、誘導する
褒美で釣るといった行為は、「得させる」という目標は達したとしても相手の
「自立」という成果からは遠ざかるばかりです。

 

教える、叱るといった行為も「自立」という観点からは効果的ではありません。
相手が自ら「感じる」「考える」「行動する」体験が重要なのです。

 

そのためには、限りない愛情と信頼、そして時間が必要です。

 

30名、40名という集団を限られた時間の中で指導する学校教育現場をはじめ
様々な教育の場において、一人ひとりに対してこれを実現することは容易ではありません。

 

容易ではありませんが不可欠なのです。そこにコーチングという
コミュニケーションスキルを教育者が学ぶ意義があるのです。


「教」よりも「育」が必要な時代【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

「家」、「村」、「会社」、「国家」に守られることが

安全確実な生き方であった時代、均質な労働力を求められたキャッチアップの

高度経済成長時代に相応しい教育は「教」でした。

 

「教」すなわち「知っている者が知らない者に

上位者が下位者に与える」教育は「集団」もしくは

「集団の一員にし易い人間」を作るのには絶大な効果を持ちます。

 

しかし、その時代は終焉を告げました。

 

グローバル化、ボーダーレス化が急速に進むこの時代を生き抜き

そして社会をより良い方向に変えて行くのは強い「個」を持った人間です。

 

コーチングは「育」であり、「育」によってこそ、強い「個」を持った人間が育つのです。


教育コーチングについて【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

「教育コーチング」とは、学習者のやる気と能力を引き出し

「自立」を支援するコーチングです。

 

「教育コーチング」の本来の意味は「educe=潜在しているものを引き出す」。

 

この原点に立ち返り、「自立を支援する人」という立場から学習者に関わることで

学習者が本来持っている驚異的な意欲と能力が顕在化し、目標に導いて行きます。

 

教育を意味する「education」の語源は「educe=潜在しているものを引き出す」。

つまり、一人ひとりの個性を大切にし、意欲や能力を「引き出す」ことこそが「教育」の本質であるといえます。

 

「 教育コーチング 」は、指導する立場の者(大人)が青少年との触れ合いの一瞬一瞬において「 コーチ」として関わることにより、青少年自身が今、教育界の注目を集める、新しい教育メソッドでありそして同時に教育の原点であるとも言えます。


象のお父さんが、天国に旅立つまでの話。【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

象のお父さんが、天国に旅立つまでの話。
ちょっと前に予告されちゃうところが、 実際の人生と違うところです。

インターネット家庭教師 たまご塾長


夜型から朝型へ変えてみる【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

夜型から朝方へ変えてみるのはとても勉強に効果があります。

朝型人間の方が人間本来の生活に適しているといわれています。

 

朝の脳と朝の身体にはどのような特徴があるのか?

人間に「やる気」を出させるホルモンに、アドレナリンとコルチコイドがあります。

 

このアドレナリンとコルチコイドは、夜明け前から分泌されはじめ

午前七時に分泌量のピークを迎えるそうです。

 

この時間にあわして勉強をすると、とてもはかどります。


子どもは親から言われるのがイヤ【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

「子どもにもっと勉強して欲しい・・・」

大人は自分の子供時代のことを忘れ、子どもには勝手なことを望むものです。

 

大人になった今だからこそ「あのとき、もっと勉強して

おけばよかった・・・」という反省の年を込めて子どもには
うるさく言うわけです。

 

しかし、本当に反省すべきポイントは、「もっと勉強しておけばよかった」

ではなく、「もっと勉強を楽しめばよかった」です。

 

ムカつく理由はわからないけど、なぜか親には反発したくなる。

まともな指摘で当たっている指摘ほどムカつくものです。

 

それをぶち破るキーは、褒めることです。

親に褒められて、子どもも悪い気はしません。

 

「また三日坊主・・・」のところを

「なんで三日も続けることができたの!?」

 

褒められたことやこうした質問に対しお子さまが

「良いことを始められた理由など」探そうとすれば

脳の中で検索が続き、「やる気回路」を使い始めます。

 

そしてお子さまが楽しいと感じ始めるまで日々絶妙のタイミングで

褒めると少しづつお子さまの持っている才能が目ざめる日も早まります。


勉強のやる気を出す方法【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

今までなかった勉強のやる気を出すようにするのは

非常に難しい事です。

 

「どのようにやる気を出せば良いか?!」

 

「こうしたら絶対にやる気が出る!」という方法があれば知りたいとおもいませんか。

たくさんの受験生の先輩が実践してきた方法を紹介します。

 

場所を変える

「自分が集中して勉強ができる環境で勉強する」

家のリビング、図書館で勉強するのが好きな人もいます。人によって好みがあるでしょうから、色々な勉強場所を活用してみて下さい。

 

ご褒美を用意する

これは、書いているそのままのことです。「今日一日頑張ったらご褒美に~~する。」など、色々と考えてみましょう。

 

自分を追い込む

これは、つまり「背水の陣」の状況を自分で作りだということです。

方法としましては、「保険をなくす」、「周りの人に言う」というものがあります。

 

試験、テスト後の自分をイメージする

これは、試験、テスト後で成功した自分イメージすることでやる気を出す、というものです。

 

具体的な目標を立てる

何事においても、目標を持つことは大切です。より具体的に目標を立てことで、目標に向けて努力しようとやる気が上がります。

 

受験生の先輩方の実践した方法が皆さんのやる気向上に少しでもお役に立てればと思います。


失敗は大切な財産【インターネット家庭教師・オンライン・スカイプ・skype・学習塾】

受験勉強では、間違いが多いということはそれだけのびしろがあり

間違えたところを覚えたり理解することで成績は飛躍的に伸びるのです。

 

従って、間違いは貴重な財産であると考えられます。

 

人生においても同様に、失敗は財産になります。

失敗を糧に成長することができるのです

 

間違っても落ち込むことはありません。

喜んでそこを勉強しましょう。

 


インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map