インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

インターネット家庭教師のお問合せ

たまチャレ掲示板 BBS

授業を真面目に受けて内申点アップ

内申点っていうのは、テストの点数以外の部分での先生からの評価点です。

入試試験では基本的にテストの点数がすべてになるんですが

仮に同じ点数やほぼ同じぐらいの点数の生徒が複数いた場合は

内申点が高い生徒を優先されてしまうので、軽んじてはいられません。

 

そこで内申点の上げ方ですが、授業を受ける時は

先生の顔を見て真面目に授業を受ける、これが一番大事です。

 

次に先生に問題を解くように指名された時もハキハキと返答することが大事です。

もちろん適当な回答をしては逆効果になりますが、たとえ不正解でもいいので自分で考えた答えをいいましょう。

 

ダンマリを決め込むのはNGです。授業の停止にしかなりません。

間違った解答をしても、先生としてはこういう間違いに陥りやすいので

みんな気をつけるようにって感じで授業はしやすくなるからです。

 

授業の妨げになる行為をしてる生徒の内申点は低く評価するので、その逆を行うわけです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

効率良く内申を上げる勉強法とは

受験を突破するためには多くのやるべきことがありますが
内申を上げることもそのひとつです。

そこで効率良く内申を上げるための勉強法があります。
定期テストの他にこまめに行われるテストがありますが
そこで確実に点数を出すことは内申を上げることに結びつきます。

いわゆる小テストですが、出題される範囲が狭いので漏れを
無くするように勉強しておけば点数を稼ぐことができます。

また、テストが終わった後に見直しをしておけば
定期テストの準備にもなるので一石二鳥となります。

このような効率の良い勉強法を自分なりに確立することによって
内申を着実に稼ぐことが可能となります。

無駄をいかに省くかが大きなポイントとなることを知ることが必要です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

提出物を必ず出すのが肝

内心を上げるためには、普段からあたりまえのことを
当たり前のようにできることが肝心です。

その中でも、提出物を期限までに必ず提出するのがカギです。
大抵、定期テストの開始前後に、ノートやワークの提出物を出すよう指示がされます。
これを期限までに必ず提出することをおススメします。
コツは、期限前に提出することです。
もし、提出物に不備があり再提出という憂き目にあっても
提出期限前ならば、修正して再提出すれば期限に間に合うからです。

提出物は出すのが当たり前。
出したことでゼロになり、出さないとマイナスになる。
このことを、子供には口を酸っぱくして言い続けています。
提出期限を守るというこは、当たり前のことですが
なかなか100%実行するのは子供にとって難しいようです。
メモをこまめにとり、提出期限をきちんと把握するということも大切です。
小さなことですが、このようなことをきちんとすることで先生の評価はグンとよくなります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申点を上げるための勉強方法

内申点を上げるための勉強方法と受験に合格するための
勉強方法は厳密には異なります。

ただ学力を上げればいい、というわけにはいかないのです。
内申を上げるためには学校の定期テストで高得点を取らなければなりません。

つまり学校の先生が作ったテストで高得点を取るわけです。
そこで何より大事になるのは教科書の内容を理解することです。

基本的に学校のテストは授業で習うこと、教科書に載っていることから出題されるからです。
それに加え、授業で使用した教材、プリントをしっかりとこなすことも大事な勉強です。

先生が必要だと判断したからこそ使用してるわけであって、これを利用しない手はありません。
それ以外にも塾の定期テスト対策や通信教育講座を利用する手もありますが、
基本的には教科書、ノート、学校で使ったプリント類をしっかり押さえておけば
定期テストで点数を取ることは難しくありません。

定期テストでいい点が取れれば内申はもちろん上がります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

内申を着実に上げる方法とは?

受験における内申の点数を上げることは
着実に合格への距離を縮める効果的な手段です。

テストの成績以外に実践できる方法は幾つかあります。
まず基本ですが、授業にはきちんと出席すること、
提出物は遅れることなく必ず提出することが挙げられます。

心情的な印象を良くすることが大切です。
そして定期的なテストでは、まめに行われる小テストで点数を稼ぐことも大切です。

間違えたことや分からなかったことは必ず復習を行ってモノにすることが大事です。
この積み重ねによって期末のテストなどでのミスを無くすことが可能となります。

暗記ものはひたすら教科書の内容を覚えるだけで、かなりの得点を稼ぐことができるようになります。
計算問題も間違えたところは何度も繰り返し解くことが大事です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

理解するよりもまず覚える努力をしましょう!

内申は学校での成績や授業中の態度、提出物、部活動や
委員会活動への取り組みなど日頃の学校での生活全てが影響するといっても過言ではありません。

その中でも一番自分で努力でき、目に見えて良くすることが
できるのは学生の本分である勉学です。

基本的に学校では定期テストがありますが
どの科目においても定期テストは範囲が絞られており
直近で勉強したことから問題が出るので勉強しやすいです。

更に言えば、問題を作る教師によっては授業中にしたプリントや
ワークブックから全く同じ問題が出ることもあります。

嫌いな科目であっても解き方や答えを覚えておくと解ける場合が多いです。
要するに理解できなくてもとりあえず覚えることで凌る場合が多いです。

あとはノート点検やプリントなど提出物の期限は守り、授業毎の小テストは手を抜かないことです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

通常月(月12コマ)・月会費込み中学1年生【30,000円】

通常月(月12コマ)・月会費込み中学1年生【30,000円】






このエントリーをはてなブックマークに追加

内申の点数を高める勉強法について

受験勉強の中でも内申をいかに上げるかは重要な要素となります。
その内容としては、テストが半分に授業態度などが半分と考えて良いものです。

授業態度などは何とかなるにしても
肝心のテストの点数が取れないと嘆く人も多いものです。

勉強は、要領さえ掴むことができれば点数を上げることは可能です。
そのポイントとなるのは、結果の出ない勉強法はしないということです。

同じことを繰り返しても、同じ結果しか出ないものです。
そこで、まずはどの教科にどれほど時間を費やしたのか、何を行ったのかを記録することが必要です。

点数に結びつかないのであれば、他の方法を考えて試してみることです。
そして有効な方法が見つかれば、それを続けることが大切です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カバンの底で眠るお宝

提出したプリント類。返ってきてからその紙はどうしていますか?

教科書やノートに押しつぶされてカバンの底でくしゃくしゃになっていることはありませんか?

 

実はそのプリントはとても大切なものです。捨ててしまったりせずにノートに貼りましょう。

ノートに貼る前に間違えを直したり、解き直したりして「復習をしています」アピールをしましょう。

 

ノート提出の際、先生がそれを見ることによって「ちゃんとこの子は理解しようとしてるんだな」と感じてくれます。

他にも期末テストを説き直したりすることも良いと思います。

 

あからさまではなく、ノート提出の際や質問の際に先生にちゃんと勉強し

授業を聞いていることをうまくアピールするのもまた内申点アップのひとつの手です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

汚いノートから綺麗なノートに大変身

授業中、集中してノートを書き写すのに必死になっていませんか?

黒板に書かれることの殆どは教科書に書かれていることのはずです。

 

教科書に書いてあることはほぼ大事なことです。な

のでノートを見なくても教科書を読めば済むことなのです。

 

代わりに大事なのは先生の言葉。テストを作るのは基本的に先生なのですから

覚えておかないとならないのは先生が発した言葉となります。

 

授業中は先生の言葉を走り書きで良いのでメモを取りましょう。

きっとぐちゃぐちゃなメモとなりますが、それでも良いんです。

 

家に帰って、メモとノートを用意します。メモを見ながら先生の言葉を思い返してノートをまとめる。

これだけで復習ができてしまいますよね?

 

ノートもまとめられると同時に復習ができれば一石二鳥。

必要な情報を上手にまとめるノートの取り方を考えていきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット家庭教師のたまごチャレンジ

ご予約

お電話でのお問合せはこちら

ネット家庭教師たまごチャレンジの«総合受付»は、東京指導センターです。
お気軽にお電話ください。

ネット家庭教師のたまごチャレンジ
〒165-0023 東京都中野区江原町1丁目47-12-601  »map